タグ: 大谷吉継

松尾山~小早川秀秋裏切りの拠点へ!【関ケ原古戦場完全ガイドvol.3】

2

関ヶ原合戦のクライマックスと言えば、やっぱり小早川秀秋の裏切り!

現在は「最初から東軍だった」という見方が強いですが、いずれにせよ徳川家康を勝利に導いたキーパーソンであることは間違いありません。

そこでふと疑問に思いませんか。

『どちらかというと弱っちぃ彼が、なぜ戦局を握ったのか?』

答えは関ヶ原古戦場の現地へ出向けば一発でわかります。

小早川軍が陣取った松尾山――。
そこは戦場を一望できる「超ベストポジション」だったのです。

標高は293メートル。
所要時間約40分。

ちょっとした気合と共に、史跡を巡って参りましたのでリポートします!

※東西両軍がどのように陣を張ったのか、全体を知りたい!
史跡巡りに行きたい!という方は次の記事どうぞ。
アクセス方法、おすすめの回り方、トイレ情報までまとめています。

→【関ケ原古戦場めぐり・地元民による完全ガイド!トイレ情報あり

続きを読む

大谷吉継の墓と陣跡で小早川秀秋の攻撃を体感【関ケ原古戦場完全ガイドvol.2】

西軍に身を捧げ、石田三成の友情に義を尽くした大谷吉継。

彼の最期を偲ぶにふさわしい史跡が関ヶ原古戦場にあります。

それが
「大谷吉継と湯浅五助の墓」
「大谷吉継の陣跡」
です。

三成の笹尾山と並ぶ勢いで人気があるのは、やはり小早川秀秋の陣跡「松尾山」との距離が体感できるからでしょう。

やっぱり近い!
こんなところから急襲されたら……。

と、想像するだけで身震いするほどの臨場感。
現場に行かなければ味わえません。

もう一つのポイントは、大谷吉継の顔ハメパネルがある点です。
同サービスを楽しめるのは、関ヶ原古戦場ではここだけ。

とにかくお得な史跡を2018年~2019年に向けて加筆しました。
看板なども整備されていて以前よりアクセスのしやすい場所となっております!

※なお、東西両軍の陣営や場所、関ヶ原合戦全体を知りたい!という方は次の記事をご覧ください。
→【関ケ原古戦場めぐり・地元民による完全ガイド!トイレ情報あり

続きを読む