カテゴリー: 関ヶ原古戦場

藤岡弘さんも来た。関ヶ原最大のお祭り「関ヶ原合戦祭り2015」が盛り上がったらしい

いいなーいいなー。私は参加することが出来なかったのですが、「関ヶ原合戦祭り2015」が10月10・11日に行われたそうです。

全国から武者姿の人が130人も集まるイベントとなって、メッチャ楽しそうですよ。

いいなー(←しつこい) 続きを読む

岐阜県内の書店で10月下旬まで!関ヶ原7武将のしおりがもらえるらしい

10月4日に関ヶ原駅前に、関ケ原駅前観光交流館のオープンしますね。

その記念に、県内の書店とタイアップ。関ケ原合戦コーナーでピックアップした本を、提携書店で購入すると長野剛さんが書いた、関ヶ原の7武将の特別なしおりが1枚プレゼントされるそうですよ! 続きを読む

関ヶ原古戦場めぐり、不破高校横の吉川広家陣跡へ【関ケ原古戦場完全ガイドvol.6】

1

関ヶ原古戦場めぐりで、一番人気の石田三成の陣跡「笹尾山」をはじめ、すぐ側の島左近、黒田長政陣跡などなど、いわゆる有名武将の陣跡は歩いていける範囲にあるので、わりと回りやすいです。

しかしちょっと離れた南宮山は後回しになりやすく、2回め以降に行く感じの優先度低めになりがちスポット。

南宮山に登ることはできませんでしたが、吉川広家の陣跡を見に行ってきました。車でサクッと寄れるのでお勧めです。

※なお、東西両軍の陣営や場所、関ヶ原合戦全体を知りたい!という方は次の記事をご覧ください。
→【関ケ原古戦場めぐり・地元民による完全ガイド!トイレ情報あり

続きを読む

ウォーランド館長の【関ヶ原古戦場ウォーキング】レポ

IMG 0284th

先日、関ヶ原ウォーランドのイベント、館長と巡る関ヶ原古戦場ウォーキングに参加してきました。
6月のバスツアーについで2回めの館長と巡るシリーズ。

関ヶ原の古戦場は奥が深そうなので楽しみにしていました。
歩いて巡るのは今回が初めてなので、すご~く楽しかったです。 続きを読む

石田三成の陣跡「笹尾山」へ登ろう!【関ケ原古戦場完全ガイドvol.1】

関ヶ原古戦場めぐりの中で、ダントツの人気を誇る石田三成の陣跡「笹尾山」
徒歩5分で山頂に行ける手軽さと、山頂から望む関ヶ原町の絶景、山頂の関ヶ原合戦の音声案内のクオリティ。

これだけでも行く価値アリですが、島左近の陣跡もあり、麓の馬防柵が合戦感を演出してくれています。

「ここが石田三成の陣跡か・・・。」と思いを馳せるもよし、景色を楽しむのもよし。
はじめて関ヶ原古戦場めぐりをする方に、おすすめのスポットです。

※なお、東西両軍の陣営や場所、関ヶ原合戦全体を知りたい!という方は次の記事をご覧ください。
→【関ケ原古戦場めぐり・地元民による完全ガイド!トイレ情報あり

続きを読む

松尾山~小早川秀秋裏切りの拠点へ!【関ケ原古戦場完全ガイドvol.3】

2

関ヶ原合戦のクライマックスと言えば、やっぱり小早川秀秋の裏切り!

現在は「最初から東軍だった」という見方が強いですが、いずれにせよ徳川家康を勝利に導いたキーパーソンであることは間違いありません。

そこでふと疑問に思いませんか。

『どちらかというと弱っちぃ彼が、なぜ戦局を握ったのか?』

答えは関ヶ原古戦場の現地へ出向けば一発でわかります。

小早川軍が陣取った松尾山――。
そこは戦場を一望できる「超ベストポジション」だったのです。

標高は293メートル。
所要時間約40分。

ちょっとした気合と共に、史跡を巡って参りましたのでリポートします!

※東西両軍がどのように陣を張ったのか、全体を知りたい!
史跡巡りに行きたい!という方は次の記事どうぞ。
アクセス方法、おすすめの回り方、トイレ情報までまとめています。

→【関ケ原古戦場めぐり・地元民による完全ガイド!トイレ情報あり

続きを読む

大谷吉継の墓と陣跡で小早川秀秋の攻撃を体感【関ケ原古戦場完全ガイドvol.2】

西軍に身を捧げ、石田三成の友情に義を尽くした大谷吉継。

彼の最期を偲ぶにふさわしい史跡が関ヶ原古戦場にあります。

それが
「大谷吉継と湯浅五助の墓」
「大谷吉継の陣跡」
です。

三成の笹尾山と並ぶ勢いで人気があるのは、やはり小早川秀秋の陣跡「松尾山」との距離が体感できるからでしょう。

やっぱり近い!
こんなところから急襲されたら……。

と、想像するだけで身震いするほどの臨場感。
現場に行かなければ味わえません。

もう一つのポイントは、大谷吉継の顔ハメパネルがある点です。
同サービスを楽しめるのは、関ヶ原古戦場ではここだけ。

とにかくお得な史跡を2018年~2019年に向けて加筆しました。
看板なども整備されていて以前よりアクセスのしやすい場所となっております!

※なお、東西両軍の陣営や場所、関ヶ原合戦全体を知りたい!という方は次の記事をご覧ください。
→【関ケ原古戦場めぐり・地元民による完全ガイド!トイレ情報あり

続きを読む