検索キーワード:ウォーランド

関ヶ原ウォーランド完全ガイド【関ケ原古戦場完全ガイドvol.4】

キョーレツ!
歴史観のクセもスゴイ!

にもかかわらず中毒性の高い刺激がたまらず何度もいきたくなるスポットが関ケ原古戦場にあります。

関ヶ原ウォーランド――。

ご存知天下分け目の戦いがあった関ヶ原にある、全国でも珍しい合戦テーマパークです。

何がスゴイって?
園内には240体ものコンクリート像が所狭しと並んでおり、その圧倒感たるや、ある意味名古屋城にも迫る勢い。

なんせコンクリート像の中には
「争いをやめろ」
と諭す、武田信玄までいるんですからね。笑うな、というほうが無理な話でしょう。

そこで本稿では

・あまり歴史に詳しくない方
・普通の史跡巡りに飽きた方
・館長のキッチュな講話を聞いて見たい方

という方へ、何度も現地を訪れたウォーランドファンの私が解説したいと思います!

※なお、東西両軍の陣営や場所、関ヶ原合戦全体を知りたい!という方は次の記事をご覧ください。
→【関ケ原古戦場めぐり・地元民による完全ガイド!トイレ情報あり

続きを読む

関ヶ原古戦場めぐり完全ガイド!トイレ情報あり・初心者さん向けまとめ

関ヶ原合戦に興味を持ったから、実際に戦いの地を見に行きたい。
しかし、関ヶ原古戦場をどうめぐればいいか、旅行の計画が立てられないという方。

しかし、ご安心ください!

2015年から【関ヶ原グランドデザイン】という岐阜県プロジェクトが始まり、
・史跡整備
・案内板
・外国人向けパンフレット、
・各種イベント
などなど、古戦場めぐりの観光化がガッツリ進んでいます。

子連れとなったワタシ的にはトイレやロッカー情報なども必須であり、今回はその辺もフォローしながら西軍・東軍の陣を中心に案内してみたいと思います。
関ヶ原初心者の方も楽しめるようにマトメました!

続きを読む

歴史雑談録さんのイベント「腹立てずの会」に参加&登壇しました!

7月23日(土)、東京のTAMコワーキングスペースさんにて、歴史雑談録さん初のイベントが開催されました!
第1部はテーマ「歴史の影」で15分話すライトニングトーク部門、第2部は歴史メディア運営をテーマにしたメインセッションの、2部構成。
カツイエ.comはメインセッションに参加させていただきました!

さすが歴史雑談録さんのイベントで満員御礼、ほとんどがTwitter経由と、フォロワー数4万超えのメディアさんなだけあります!
いつもとは違う参加者さんにもたくさんお会いでき、本当に楽しかったです!

続きを読む

南宮山・吉川広家陣跡は不破高校横にあり【関ケ原古戦場完全ガイドvol.6】

1

関ヶ原古戦場めぐりで、一番人気の石田三成の陣跡「笹尾山」をはじめ、すぐ側の島左近、黒田長政陣跡などなど、いわゆる有名武将の陣跡は歩いていける範囲にあるので、わりと回りやすいです。

しかしちょっと離れた南宮山は後回しになりやすく、2回め以降に行く感じの優先度低めになりがちスポット。

南宮山に登ることはできませんでしたが、吉川広家の陣跡を見に行ってきました。車でサクッと寄れるのでお勧めです。

※なお、東西両軍の陣営や場所、関ヶ原合戦全体を知りたい!という方は次の記事をご覧ください。
→【関ケ原古戦場めぐり・地元民による完全ガイド!トイレ情報あり

続きを読む

石田三成の陣跡「笹尾山」へ登ろう!【関ケ原古戦場完全ガイドvol.1】

関ヶ原古戦場めぐりの中で、ダントツの人気を誇る石田三成の陣跡「笹尾山」
徒歩5分で山頂に行ける手軽さと、山頂から望む関ヶ原町の絶景、山頂の関ヶ原合戦の音声案内のクオリティ。

これだけでも行く価値アリですが、島左近の陣跡もあり、麓の馬防柵が合戦感を演出してくれています。

「ここが石田三成の陣跡か・・・。」と思いを馳せるもよし、景色を楽しむのもよし。
はじめて関ヶ原古戦場めぐりをする方に、おすすめのスポットです。

※なお、東西両軍の陣営や場所、関ヶ原合戦全体を知りたい!という方は次の記事をご覧ください。
→【関ケ原古戦場めぐり・地元民による完全ガイド!トイレ情報あり

続きを読む

大谷吉継の墓と陣跡で小早川秀秋の攻撃を体感【関ケ原古戦場完全ガイドvol.2】

西軍に身を捧げ、石田三成の友情に義を尽くした大谷吉継。

彼の最期を偲ぶにふさわしい史跡が関ヶ原古戦場にあります。

それが
「大谷吉継と湯浅五助の墓」
「大谷吉継の陣跡」
です。

三成の笹尾山と並ぶ勢いで人気があるのは、やはり小早川秀秋の陣跡「松尾山」との距離が体感できるからでしょう。

やっぱり近い!
こんなところから急襲されたら……。

と、想像するだけで身震いするほどの臨場感。
現場に行かなければ味わえません。

もう一つのポイントは、大谷吉継の顔ハメパネルがある点です。
同サービスを楽しめるのは、関ヶ原古戦場ではここだけ。

とにかくお得な史跡を2018年~2019年に向けて加筆しました。
看板なども整備されていて以前よりアクセスのしやすい場所となっております!

※なお、東西両軍の陣営や場所、関ヶ原合戦全体を知りたい!という方は次の記事をご覧ください。
→【関ケ原古戦場めぐり・地元民による完全ガイド!トイレ情報あり

続きを読む