西軍最大の兵を率いた宇喜多秀家の陣跡【関ケ原古戦場完全ガイドvol.8】

関ヶ原古戦場の宇喜多秀家の陣跡は、天満山の南側。
戦国で1・2を争うといわれる美男子・宇喜多秀家の陣跡をご紹介します。

同じ天満山に陣を張った小西行長の陣跡は、合戦後、池が作られてしまったので遺構はありません。
そのため「どこが山?」状態ですが、宇喜多秀家の陣跡は天満神社の中にあり、裏手には天満山があります。

※なお、東西両軍の陣営や場所、関ヶ原合戦全体を知りたい!という方は次の記事をご覧ください。
→【関ケ原古戦場めぐり・地元民による完全ガイド!トイレ情報あり

小早川の裏切りで壊滅

宇喜多秀家の陣跡は天満神社の中にあります。
小西行長の陣跡から徒歩で行けるので、セットで回れます。

神社の森の中にあるので、とても静かです。

西軍の主力隊として約17000もの兵を率い、小西行長の南側に陣を構えました。
対戦したのは福島正則隊。可児才蔵など猛将の多い福島正則隊と必死に応戦。

神社にいるとそんな激しい合戦があったことが嘘のように思えるほど。、

宇喜多秀家は、鳥居元忠の守る伏見城の戦いでは総大将として参加し攻略。その合戦の生々しさが残る血天井は京都の源光庵の中にあります。

その後は伊勢国長島城を攻撃してから、再び大垣城で西軍本隊と合流し、関ヶ原へ。
しかし西軍の小早川秀秋の裏切りで総崩れとなり、大谷吉継・小西行長についで壊滅してしまいます。
重臣の明石全登のすすめで伊吹山へ敗走。

合戦後は八丈島に流罪となりました。

宇喜多家のお家騒動で結束力が弱く

関ヶ原合戦前、宇喜多のお家騒動「宇喜多騒動」があり、家臣団のまとまりが弱かったと言われています。
このお家騒動ですが、秀吉の没後、宇喜多の重臣戸川達安らが、秀家の側近で、豪姫のお付き役として家臣となった中村次郎兵衛の処分を迫ります。なぜ処分を迫ったかというと、文禄・慶長の役で財政が困窮した時、領民からの増税で財政をまかなおうとしたことに対して家臣が反感を持ちます。ちなみに戸川達安は、宇喜多の重臣戸川秀安の息子で、備前児島城と備前常山城の城主でした。

しかし秀家は、次郎右衛門の処分を拒否します。前田家に逃れた次郎右衛門。
その間に戸川らが大坂の彼の屋敷を占拠する「宇喜多騒動」がおこります。

秀家は首謀者の戸川達安の暗殺をはかろうとしますが、同じく対立していた従兄弟の宇喜多詮家彼をかばい大坂玉造の自邸へ立て籠もる事態に。あわや内紛という危機になりますが、他大名が間に入って調停が開始。

大谷吉継と榊原康政が担当したものの解決できず。
吉継も手を引かざるをえなくなり、家康が間に入って最悪の事態は回避できました。

最終的には戸川らは蟄居、宇喜多家から追放されて東軍に与します。
合戦後は 備中庭瀬2万9000石の大名になりました。

いとこの宇喜多詮家もこの騒動で東軍に与し、戦い後は石見津和野三万石を与えられて坂崎直盛と改名します。
そして徳川家臣として大阪の陣では千姫を救出する役目を果たしました。
しかし千姫が自分に嫁ぐ予定から、本多忠刻に嫁ぐことになり輿入れの時に奪おうとして殺されてしまいました。

波乱万丈すぎますね。

宇喜多家の当時を考えながら史跡を見学

関ヶ原合戦では西軍最大の兵を率いて参戦したものの、結束力が弱く万全ではなかった宇喜多軍。
離反者も多く、浪人などの寄せ集めで戦ったとか、無名時代の宮本武蔵もいたなどの説があります。
実際はどうだったのかわかりませんが、猛将ぞろいの福島正則軍と激しく戦い一歩も引かないほど互角の戦いを見せていたといいます。

壊滅の一番大きな要因は、小早川軍の裏切り。
いろいろな不運が重なってしまったのだなと、いろいろなことを思いながら陣跡を見ると面白いと思います。

八丈島に送られてから宇喜多から浮田に代わりました。
その時の名字になっていますね。

住所:関ケ原町大字関ケ原4146-1
駐車場:なし
WC:なし

※東西両軍がどのように陣をはったのか、全体を知りたい!
史跡巡りに行きたい!という方は次の記事どうぞ。
アクセス方法、おすすめの回り方、トイレ情報までまとめています。

→【関ケ原古戦場めぐり・地元民による完全ガイド!トイレ情報あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:関ヶ原古戦場