新生児の子育てグッズで役立っているもの

秋に第1子を出産しました。
現在は授乳メインの子育てですが、非常に助かっていると思うグッズをまとめました。




青葉の授乳クッション


リクエストして出産祝いにいただきました。
こちらのクッションは赤ちゃんが落ち着くC型で、ボリュームたっぷりでへたらないことが魅力のようです。
気に入ったポイントはマジックテープで腰に巻きつけてクッションが固定できることです。


私が産院でならった授乳メニューは、横抱きと前からの2パターンで左右各5分づつの授乳。
横抱きの場所づくりにはとにかく厄介でした。

以前は座布団を2数使っていましたが、不安定だし場所を変えるたびに座布団を折るのが面倒で。

しかしこのクッションを使えば、マジックテープを回すだけで場所づくり終了!
ボリュームがしっかりあるので他の座布団を使う必要はありません。

授乳にかかる時間と手間が一気に削減できました。
これはホントに私にとっては救世主!


広口哺乳瓶


細身の哺乳瓶よりも、個人的には広口のほうが洗いやすくて好みでした。
1日8回くらい授乳するので、そのたびに哺乳瓶を洗って、消毒、乾かすを繰り返します。
少しでもラクに洗えると、負担が減った気がしました。気がするだけかもしれませんが・・・。



温度計


ミルク作りの温度調整にとても役立ちました。
ミルクを溶かすお湯は、沸騰させてそこから70度くらいまで下げなければならないので、温度計は必須です。

外出時に使うミルクのお湯をはかる時にも役立ちます。



せんべい座布団



家にあった適当な座布団ですが、我が子はこの適当な座布団が非常に気に入っていました。
ベビーベットのちゃんとした布団では泣きまくるのに、適当な座布団にバスタオル敷いただけのほうが嬉しいようです。


トッポンチーノ


モンテッソーリ教育でおなじみの赤ちゃん用の小さなお布団。
厄介なのはさっきまで寝ていたのにベッドに入った途端泣き出す「背中スイッチ」
スイッチを押さないためには、背中で感じる感覚を一定にすることが大事です。
このトッポンチーノに乗せて生活するようにしたら、わりと機嫌が良くなります。(ダメな時は何してもダメなので、「わりと」という表現)



コンビ ポイテック


使用済みおむつを入れるだけで、手を汚さず1つ1つねじって密封してくれるゴミ箱。
臭いを徹底的に対策したい人にピッタリなんだそうです。

こちらもいただきものですが、おむつ処理がとにかく早く終わるのが嬉しいです。
臭いもほとんどなく、たまった使用済みおむつを取り出すのも、蓋の裏のカッターで簡単にカットできます。

専用カートリッジが少々お高いですが、手間が劇的に経るのでおすすめです。




子育て歴数ヶ月ですが、便利なグッズに助けられています。
赤ちゃんの機嫌がよくなるもの、効率よくお世話ができるものが好みのようです。
また良いグッズを探してみたくなりました。



この記事を書いた人

北村 美桂
北村 美桂
岐阜県出身。約10年のWEB編集・ライターを経て、2013年から独立。「名古屋歴史ナイト」という歴史イベントも主宰。詳しく知りたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:子育て