4月24日柴田勝家の命日に入籍しました!【500記事記念・プレゼント情報あり】

001_R
本日はカツイエ.com、500記事到達の日です。そして、2016年4月24日入籍しました。

天正11年4月24日(旧暦)は柴田勝家がお市とともに北ノ庄で自害した日です。

柴田勝家とお市は政略結婚だったとはいえ、最後は一緒に自害しています。

逃げようと思えば逃げれたものを、一緒に自害するほどの魅力が柴田勝家にはあったのではないでしょうか。

このことから、「夫婦仲良く頑張る(軽い意味に解釈)」で、あり柴田勝家好きとしてはこの日以外ないだろうと思いました。

今日は柴田勝家の良さについて、改めてお伝えしつつ、結婚記念にカツイエcomよりプレゼント企画もあります!



柴田勝家の不器用で黙って耐えるやさしさを知ってほしい!


a57df87acfa787a89f7beb7da01303d2
こんな機会だからこそ、柴田勝家の人間性についてアツく紹介したいと思います。

柴田勝家に関する本で、賤ヶ岳の戦いが書かれた軍記物の訳本を読んだ時、改めて柴田勝家はとても謙虚な人だったことがわかりました。

それは史実ではないですが、「やっぱり柴田勝家ってそうなんだ」と改めて嬉しくなりました。

■前田利家へのやさしさ

・賤ヶ岳の戦いの途中に前田利家に裏切られると告げられたら、わざと朝ごはんを要求して自分も借りを作り、前田利家が気を使わないように振る舞まう。

■北の庄で自害するまで

・攻められる前日、だれも要人が居ない北ノ庄に旗指物を飾る。それはまるで客人を迎えるようなもので、それ見て、秀吉も「こんな時に城を飾り付けることができるような平常心を持っているのは普通ではない」と賞賛。

■浅井三姉妹への気遣い
・残された人の将来に最善を尽くしたそうです。「この女子三人はそれがしの子ではない。浅井の愛子である。信長公の御ためを申すなら主筋であるぞ。良いようにいたわりなされ」と秀吉にその後を頼むと手紙送りました。織田の家臣ならそれらしい扱いがあるだろうと。

430051e07c91c00776b167c5ad9aa0d2

■自害するときも信長への恩義を見せる

・切腹の前日、信長からもらった天下の名物の道具などを広間から書院まで飾り立てた。そのあと妻のお市と酒を飲んで、翌日お市に手をかけ、自分も自害。戸障子を集めて、焼き草として火をかけ死骸は灰になって見えないようにした。

■老害と言われ、ベテランが煙たがられるこのご時世にささるエピソード

・天正8年8月、普代宿老の佐久間信盛親子、林秀貞、安藤守就を突如追放する、古参への大リストラが行われた時。勝家にとって彼らは同僚なので、心穏やかではなかったはず。しかし、勝家は上杉家と、一向一揆を叩き潰す北陸制定を完遂するなど古参の実力をみせる。どんな状況でも、驕らず愚直に軍功を挙げた。

ね。もう、見てるだけで現世で会いたかったと思うほどの武将です。

勝家の意思を引き継いでカツイエ.comは頑張ります


おそらく本日読まれたであろう辞世の句

「夏の夜の 夢路はかなき 跡の名を 雲井にあげよ ほととぎす」。

意味は自分の名声を後世に届けてくれということ。

名声は織田家の意味だったのかもしれませんし、自分の名声かもしれません。

その意志を勝手に受け、カツイエ.comは柴田勝家の名声を含め、地域を尊敬し、一緒に楽しく戦国情報を発信していきたいです。

読んでくださったり、名古屋歴史ナイトに参加してくださる皆さんが楽しめるように頑張ります。

歴史のみならず、webコンテンツ制作、ライティング面でも、同じく…仕事面はまた別の記事で書きます!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!


【結婚祝いにプレゼントします!】
結婚祝いを貰う人が多い中、あえてプレゼントキャンペーン!
抽選で4名様に絵札が秀逸すぎる「岐阜城トランプ」をプレゼント!

これはカツイエ.comで最高のシェア数を誇った人気記事です。欲しいという方も多かったのでプレゼントしちゃいます!

ジョーカーが明智光秀とか絵札のセレクションが神!『岐阜城トランプ』 | カツイエ.com



お問い合わせフォームから「岐阜城トランプください」と書いて

氏名
メールアドレス
カツイエ.comへの感想

をお書き添えの上ご応募ください。
締め切りは5月10日で、当選は発送を持ってかえさせていただきます!

この記事を書いた人

北村 美桂
北村 美桂
岐阜県出身。約10年のWEB編集・ライターを経て、2013年から独立。「名古屋歴史ナイト」という歴史イベントも主宰。詳しく知りたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ