半年前と比較!何もなかった駅前にできた『関ケ原駅前観光交流館』をチェック

関ヶ原史跡巡りで関ヶ原駅を降り立つとなにもないのが当たり前の景色でした。しかし、見てください!
こんな立派な関ケ原駅前観光交流館ができました。

2015年6月に来た時とは随分と変わりました。その変化と関ヶ原グッズをご覧ください!

6月に行った時の関ヶ原

JR関ヶ原駅。

IMG_7156_R

駅を降りるとこの東軍西軍の武将名のパネルがどーんと。ここは変わらない。

IMG_7155_R

しかし、この駅前の「ようこそ関ヶ原」パネルが

IMG_7161_R

なんかエライカッコいい武将の図に!

IMG_0747_R

気になったのはこのバス。「カモン号」。家紋ではないですよね。きっと

いろいろ関ヶ原合戦ストーリーを挟み込む芸の細かさ

関ケ原駅前観光交流館は、まったく迷うことなくいけます。本当に目の前ですから。

入るといきなりロッカーが。よく見ると各武将の軍勢=ロッカーの面積になっています。

小早川の軍勢15000の次は福島正則は6000。その開きが大きいのが気になる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大人気の大谷、島左近は小さめロッカー。1000もなかったんですね。ロッカーで歴史を知ることができる新しさ。

ひときわ目立つのはこのどん兵衛コーナー。

P3210314_R

休憩コーナーで座って食べられますし、お箸も。そしてお湯ももらえるようです。

P3210352

関ヶ原合戦をどうストーリーづけるかは、東軍、西軍に分けるというのが多いようです。このあられ、しっかり東西分かれてます。

P3210313_R

個人的に気になったのは合戦水。

なぜか家康ドーン! 

関ヶ原といえば石田三成だと思っていたのに。たまには東軍好きのニーズも満たさないといけませんよね。

3月19日に行われた古戦場サミットの翌日、片岡愛之助さんがいらしたとのことで、愛之助さんコーナーも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなこんなでお土産物も多く、見応えもある関ケ原駅前観光交流館。できたてで綺麗ですし、トイレもあります。休憩所でどん兵衛を食べるのも楽しそうです。

関ケ原駅前観光交流館がオープンしました/関ケ原町

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ