ここ浜松城なんだけど…ユル展示でまさかの柴田勝家を発見!

浜松城といえば、徳川家康が曳馬城を弱体化した今川家から奪い、すぐ近くに築城したお城。

徳川家康は武田軍との戦いがメインの時代で苦難の時代でしたが、その他歴代城主は輝かしいポストにとりあえげられたことで、出世城として有名に。

そんな浜松城で、まさか見るはずのない柴田勝家を見つけてしまいました!

よーく目を凝らしてご覧くださいw

浜松に勝家は、ゆかりはないはず

柴田勝家は織田信長の家臣であり、生まれは現在の名古屋市。城持ちになったのは越前であるため、駿府にはまったくゆかりはないはず。

しかし、こんなところにいました!

浜松城の中の展示、戦国時代の大名をイラスト化したもの。

あ!!

いたー!!

前田氏のほうが威厳があるように書かれているのが、現実的。

こんな感じで諸国の大名がズラリ。書き分けの甘さはステキクォリティ。

たまに糊の老朽化なのか、逆さまに落ちてる最上氏。足利を祖とする名門。伊達家にも嫁がせ、伊達政宗を生んだ義姫も最上家から出てます。

なのに…

このユル展示、じっくり見ると楽しくて時間を忘れます。

浜松城の新たな魅力をぜひ見に行って見てください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ 柴田勝家