『誰も知らない凄い場所』に紹介された場所に行ってきた!織田信長と足利義昭を宿泊させたお寺

IMG_9033_R

歴史人マガジンの『誰も知らない凄い場所』 でも紹介されいた、立正寺。

このお寺は、織田信長が放浪中の足利義昭を迎えて、入洛準備までの間、宿泊させた場所。

時の将軍を泊めるというのは、確かに凄いこと。
しかし私は一応地元、岐阜市でありながらその存在に気づいておりませんでした。

足利義昭と会談したという碑があった

こちらの記事にあるように、そんなすごい場所なのに、建物からは感じられない。このギャップは掘り出し物感あります。

信長公記にも書かれいるそうです。

『永禄十一年七月廿五日、越前へ御迎へのため、和田伊賀守、不破河内守、村井民部、島田所之助を進上なされ、濃州西庄立正寺に至りて、
 公方様御成り、末席に鳥目千貫積ませられ、・・・』

実はこのお寺、わが町岐阜市のお寺であり、わりとお近く。
地元民にも認知度薄い情報でした。

これが入り口。住宅街の中にひっそりあるので気づきません。

IMG_9033_R

看板。織田信長を頼って岐阜に来た足利義昭、徳川家康も訪れているようです。中世の文書を多数有するというのもすごいですね。

IMG_9027_R

足利義昭公、御座所の碑。

IMG_9030_R

こんなにすごいのに、まったく知りませんでした。
しかも岐阜市のデジタルフォトライブラリーの中の、寺社仏閣の中にもラインナップされていなかった。

こういう発見があるからふらふら見に行くのはやめられませんね。

住宅街でウロウロしてしまい、裏口から入ってしまったので、一度回って正面からお入りください。

住所はこちら。
岐阜市西荘3丁目7-11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ