庭園を想像するしかなかったのに!今だけ一乗谷の庭に床が特設されたらしい

63d1663ad0177ba3834141ce2f774e41.jpg

夏の唐門は最高の眺め! 一乗谷朝倉氏遺跡をフィールドワークしてみたでも書いたように、夏に行ってきた一乗谷。

立派な庭園であったという話を聞きましたが、目の前にあるのはだだっ広い敷地。
庭園を想像するしかなかったあの場所に床が特設されたらしいです。

朝倉義景になった気分で庭園鑑賞 遺跡に戦国時代の床を特設 催し・文化 福井のニュース |福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイト

座布団をひいて庭に見入った人もいる

床が設置されたのは、特別名勝「朝倉館跡庭園」。普段は入ることができない庭園部分に、戦国時代にあった館の高さに床を設置されているとのこと。

見に来た人はその床に座布団をひいて、朝倉義景気分で庭を楽しんだと書いてありました。
たしかに池はありましたが、本当に眺めるだけだった真夏。

今は秋だし、池の真ん中で庭を感じるなんて贅沢ですね。
うらやましい。

すごい庭園を想像するしかないだだっぴろい遺跡なのではない今、お近くの方はぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ