ガイドさんの地元ラブな解説が楽しすぎ!一乗谷朝倉氏遺跡資料館

1

ソフトバンクのCMロケ地ともなった一乗谷。ここは朝倉氏が山の中に作った城下町のすごさを感じられる遺跡なのです。
ぱっと見、何もないだだっぴろい史跡ですが、解説を聞くとものすごい価値が詰まった場所であることがわかりました。

遺跡もすごいのですが、それを解説してくださるボランティアガイドさんの情熱がものすごくいい感じ。福井の歴史を偏愛しすぎた解説は最高です。

「観光地的には金沢に負けてるけど、福井すごいんだぜ」というガイドさんの気持ちを噛み締めながら、回るのがおすすめ!!

一乗谷朝倉氏遺跡はどんな歴史があるのか

朝倉氏というと、姉川の戦いで、味方の軍を見捨て、逃げ帰ったはいいけど、親戚に殺された5代目朝倉義景が思い浮かぶのではないでしょうか。すると、名家の愚将みたいなイメージで、朝倉家ってイマイチなんじゃと思ったりするかもしれません。

しかし、これが南北朝時代まで紐解いてみると、朝倉氏のすごさがわかります。ざっくり言うと地元の守護大名に仕えた、結構いいポストにいた家柄ということです。5代までしか続いていないようですが、その前にカウントされていない先祖がいるので、計11代続いたそうです。11代目の朝倉義景は、命からがら逃げてきたところを、敵方に調略された親戚に殺されます。不幸すぎですね…以降、血は途絶えます。

守護大名の斯波氏に仕えた越前朝倉氏は、甲斐・織田とならぶ守護代。織田は、あの織田信長の織田家ですよ。由緒正しき戦国大名の家系だったわけですね。

家柄以外のすごさは、山の中に作られた城下町。そのクオリティは戦国初期とは思えない財力、文化レベル、政治レベルだったそうです。ここに約2万人が暮らし、町人から上級武士、お殿様の朝倉氏までが一緒に暮らしていました。

朝倉の屋敷には京都から足利義昭を招くなど、国のVIPをもてなすだけの財力と、環境があったという点。武田家と同じく、金山を持っていてそれで財を作っていたようです。その財力を図るお宝の発掘度合いも日本随一。朝倉家は想像を絶する財力だったのかもしれません。

戦国時代がまるっと残っている世界遺産候補。遺跡としての価値

一乗谷朝倉氏遺跡のホームページによると、城下町全体の保存状態がかなり良いまま残っているようで、現存する278haとが国の「特別史跡」として指定保存されているところ。しかも、それを認めさせるのは、住民による自主調査でそれがわかったというから、驚きです。

ちなみに特別史跡とは、金閣寺の庭園や平城宮跡なども指定を受けています。もっとついでにいうと、彦根城、安土城、名古屋城など約60もあるそうです。

現在は観光用に開放されていますが、実はいつでも発掘再開ができるように上に地面を重ねているそうです。遺跡の上にカバーを引いて歩いているようなものなんですね。

IMG 0077th

こんな残念wwwな感じでも紹介されています。もちろん、一乗谷朝倉氏遺跡は「地味」な方に入ってます。

全61箇所から選ぶ、地味な特別史跡ベスト10 – デイリーポータルZ:@nifty

一乗谷朝倉氏遺跡資料館のボランティアガイドさんのキャラが秀逸!!

資料館は撮影NGなので写真はありませんが、土日のみいらっしゃるボランティアガイドさんの解説がとにっかくおもしろかったです。

その場にいたお客さんとともにガイドしていただきました。とにかくこのガイドさん、福井自虐ネタと世界遺産候補何じゃないかと思うんだよねっくらいの「ドヤ」が入り混じってめっちゃくちゃおもしろかった。

「所詮金沢に負けてますけど、一乗谷朝倉氏遺跡は金閣寺と同等の指定を受けてるんですよ!所詮、福井ですけどね!」的な。たまたま一緒に回ったお客さんが金沢の人なので、「はは・・・」という苦笑いの中、ダダ滑り感も半端無いのですが、その様子を見ていると微笑ましくてたまりませんでした。「福井の歴史はホントに素晴らしいから、自信持とうよwww」と応援したくなります。

私はがっつりお話を聞きたいけれど、他のお客さんがあまりお時間がなさそうなので「30分のダイジェストコース」で解説してもらいました。

色々見ましたが、立派な茶器、中国から取り寄せた陶磁器、当時には珍しい鍵付きの茶の道具を入れる箱など貴重なものがたくさん展示してありました。

個人的におすすめは、北陸の一向一揆まとめ。勝家さんが一生懸命制圧に行ってたアレです。一向一揆の歴史、その人数がおどろきの数で驚きました。雪深い地域の定めなのでしょうか。地味な歴史ですし、クソゲーで有名な「いっき」を思い出すとなんかおかしなことになりますが、もっと深く知りたくなりました。

ここで、ガッツリ知識を入れてから遺跡を回るのがおすすめです。
レンタサイクルもありますし、土日のみ無料のシャトルバスがあります。

今は炎天下すぎるので車移動が一番お勧めです。
そして土日にいるガイドさんにお話を伺って、いかに福井が好き!歴史が好き!一乗谷朝倉氏遺跡が好き!という情熱を味わっていただきたいです。

私はすっかり一乗谷とガイドさんのファンになりました。

一乗谷朝倉氏遺跡資料館 越前朝倉氏や一乗谷朝倉氏遺跡に関する展示・展覧会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ