丸ビル1Fで真田幸村の展示が8月29日まで見られるらしい

Osaka Castle Nishinomaru Garden April 2005

8月13日~29日、東京・丸の内の「丸ビル」1階マルキューブで、「大阪の陣400年 丸の内夏の陣 真田幸村と戦国武将たち」が展示されるようです。

タイトルがもうアツいですね。丸の内も夏の陣って!

東京では初の真田丸の復元ジオラマがみどころ

Sanko jinja Sanada Yukimura  1

展示されるものは、真田幸村のほか、豊富秀吉や徳川家康など名将たちの甲冑レプリカなど6体。東京では初らしいのですが、「真田丸」復元ジオラマの展示が見どころのようです。

ちなみに真田丸とは、大坂の陣(冬の陣)において、豊臣方の真田幸村が大坂城の平野口に構築した曲輪のこと。幸村の戦略があたって、この曲輪が豊臣軍への勝利をもたらしたにもかかわらず、和議の条件で真田丸は破壊。

これがあったら今頃西軍は・・・という話でよく出てくる点では、超有名なアレですね。

ふらっと立ち寄った時、大阪夏の陣関係の展示が見られるのはラッキーですね。
どんなものが展示されているのか、始まったら見に行ってみたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ