富岡製糸場の人気お土産・リアルな「蚕チョコ」2種類を食べ比べ!

*この記事は2018年10月と11月に加筆しております。

蚕の形がリアルすぎると、話題の富岡製糸場の蚕チョコレート「かいこの王国」

どのくらいのものなのか、実際見てみたーい!!
ということで、丸エイ食品さんのオンラインショップで購入してみました。

開けてみてびっくり、蚕感たっぷりなフォルムのチョコレートが出てきました。
職場に配ったところ、反応が「うわっ」など驚きがもらえる商品です。

*2018年10月追記
人気がうなぎのぼりのこの商品、なんと100万個(匹)の出荷となったようです!

*2018年11月追記
「かいこの王国」の続編で「かいこの一生」という商品と、お蚕さまストラップも合わせて購入してレポートしています!

100万個以上売れている「かいこの王国」を実食

富岡製糸場が世界遺産に登録されたことを記念して作られたということで、蚕のリアリティが半端ないと話題のチョコレート。

オンラインショップで1200円。送料740円で配送されてきました。
箱にも手作りと書いてあります。

IMG 4034th

さっそく開けてみましょう!
金ピカのまぶしいパッケージ!
蚕が神々しく見える!

IMG 4036th

パッケージを開けると、蚕様が登場です!
実物も十分にリアルです。

IMG 4040th

つぶらな瞳がキュート。
蚕の血管(?)部分はクランベリーのパフです。
ホワイトチョコにクランベリーって、なかなかオシャレな取り合わせです。

IMG 4046th

葉っぱは、桑の葉パウダー入り桑の葉型チョコレートです。
渋みと甘みの絶妙なバランスがとても美味しかったです。

IMG 4045th

お味はとっても美味しいチョコレートでした、クランキーのサクサク感、桑の葉の渋み、チョコレートの甘さのバランスが絶妙です。
さすが日本の工業を支えた富岡製糸場の蚕さま。いい仕事しています。

手作りで手間ひまかけた蚕チョコレート。見た目も楽しく、とっても美味しいチョコレートなのでまた購入したいと思います。
ちょっと変わった手土産を探している方にもおすすめです!

続編の「かいこの一生」もお取り寄せ

このお蚕さまチョコレート、大変な人気で続編となる【かいこの一生】(3個入り税込980円)も販売中とのこと。
さっそくお取り寄せしてみました。

かいこの一生。壮大な物語が始まりそうな予感。

中身です。繭(まゆ)、お蚕さま、蝶となって羽ばたく。
一生の変化がリアルに表現されています。

リアルですが、食欲を失うようなリアルさではありません。
なぜかとても可愛く見えるのが不思議です。

まゆは大切にかごに入れられています。
このまゆが立派な糸に変わってゆくのですね。

ちなみにホワイトクランチの香ばしいチョコレートです。

かいこの王国のお蚕さまもいらっしゃいます。
こちらはホワイトチョコにクランベリーのクランチ、桑の葉パウダー入りチョコと芸が細かい商品。
桑の葉パウダーチョコの苦味とホワイトクランチチョコのハーモニー、やはりたまらないです。

そして最後に蝶となったかいこ。
どこへ羽ばたいてゆくのでしょうか。

ビターなクランチとホワイトチョコのハーモニーが楽しめます。
ビタークランチがめちゃくちゃ美味しいです。
この甘い・苦いのバランスが毎回絶妙なのが丸エイ食品さんのすごいところだと思います。

お蚕様が人気すぎてストラップも販売中。こちらは650円。

並べてみました。かわいいですよね!

カギをつけたりキーホルダーとして使いたいと思います。

なかなか富岡製糸場を見に行けなくとも、こちらのチョコは丸エイ食品産のサイトから通販可能です。
『マツコ&有吉 かりそめ天国』でも取り上げられた【温泉ちょこれーと】も販売していました。

個性的な商品ですが、すべて手作りという愛情のかけよう。
どうりでとっても美味しいはずです。
美味しすぎて何個も食べたくなってしまいます。(体重の兼ね合いで自粛)

これだけ手間がかかる商品をよくぞ。
もし子供を工場見学に連れていけるなら、連れていきたいほど丸エイ食品さんのファンになっています(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:東海グルメ