タグ: 取材

上司に好かれる歴史活用術を伝授。お仕事Webマガジン『キャリアコンパス』さまに取材いただきました!

2
転職サイトDODAさんが運営する「キャリアコンパス」様にて、「武将で心をつかめ! 年上上司との会話のネタになる歴史本5選–戦国時代編」という記事で取材していただきました!

こちらのお仕事は、武将JAPANさんで連載させて頂いている「愛されOLのたしなみ 『都道府県別 上司が喜ぶ歴史のネタ帖』」がきっかけ。

歴史に詳しくない人でも歴史をきっかけに、上司と仲良くなるための本を紹介させていただきました。いろんな空気感の物がありますが、私は「なんとなく」で歴史が楽しいと思えればいんじゃないかと思っております。

武将で心をつかめ! 年上上司との会話のネタになる歴史本5選–戦国時代編- | 20代の”はたらき”データベース『キャリアコンパス』- powered by DODA –

続きを読む

カツイエ.comで取材申し込みして、ホントに『作家・柴田勝家さん』に取材してきました!!(1)

1
キャラが濃すぎる新人作家として話題になった、『ニルヤの島』の作者『柴田勝家』さん。
昨年、早川書房開催のSF小説の公募賞「ハヤカワSFコンテスト」第2回の受賞者さんなのです。

受賞コメントも「ワシ」と戦国言葉。キャラ設定はどうなってるの?柴田勝家が乗り移った設定?というか、そもそも勝家の何が好きなの?

そんな勝家ファントークを、柴田勝家先生としたい!!

ということで、ダメ元で取材申し込みしてみたところ、ご快諾いただき取材しに行ってきました。

柴田勝家先生、かなーーーり面白くてステキな方ですよ!!

続きを読む

またまたサカエ経済新聞さんに「姉川ナイト」について取材されました!

前回に続き、サカエ経済新聞さんに取材していただきました!
もちろん内容は9月20日開催の「姉川ナイト」についてです。

愛知の人が「浅井家スゴイんだから!」と力説しまくる会はそうそうないはず。

なので、色んな意味で三英傑推しのこの近辺では見られない内容を毎回お伝えするのが
わが歴史ナイトのアイデンティティ(だと思ってるw)ので、ヒマでヒマでしょうがない方はぜひ
遊びに来てください!

栄のカフェで「名古屋歴史ナイト」-「姉川の戦い」テーマに – サカエ経済新聞

続きを読む

サカエ経済新聞さんに取材されました

地元メディアにちいさーーーーーく注目され始めているブログ「カツイエ」。

こんなんでいいのか知りませんが、いいって言うならいいって事で120%取材依頼を断らない管理人@machikomaki33 です。

今回取材いただいたのはサカエ経済新聞さん。
何に取材に来たかというと、6月21日に行う歴史イベント『本能寺ナイト』の取材でした。

【名古屋歴史ナイト】第2回 本能寺ナイト | Peatix



記者さんから「おもしろいと思って取材に来ました」という嬉しいお言葉を。



ムダすぎる大物感。ただの歴史ファンの主催者たち


6月某日。サカエの雰囲気がよさげな喫茶店にて行われました。

IMG 3337th
今回から登場する共催の学術派の小林氏。初回のイベント開催の割に大物感が(本気)

使う
居眠りする余裕まである私。(嘘です。起きてます。奇跡の1枚でした)

IMG 3335th

どうですか。
ムダすぎる大物感。

戦国時代について語ると、「うぉおお!!大野城!!!」「九鬼水軍!!」とアツくなる我々をよそに、淡々と取材してくれた記者さん。

あまり歴史に興味はなかったようですが、ゴシップ要素満載に解説してみたところ、興味をもっていただけたのが嬉しかったです。

正直、私達はただの戦国好きなだけであって、学者ではないのですんごいことは知りません。
でも、戦国時代の面白さを興味ない人にわかりやすーく伝えることには貢献できるんじゃなかろうか。


カツイエ好きが高じて、単独で『賤ヶ岳の戦い』のフィールドワークに行ったことがきっかけで始まった歴史ナイトシリーズ。

布陣の説明を時系列でするなど、わかりやすーくしてみたところ、興味なかった人からも
「おもしろい」と言っていただけました。たぶん、これがイベントの醍醐味ですね。

「戦国興味なかったけど、意外とおもしろいね」と言ってもらえることが嬉しくてやってる感じです。

もちろん、歴史大好きな人達と仲良くなれていろいろ教えていただけるのも醍醐味。
そんなことを改めて気づいた取材となりました。

当日もなんと取材に来てくれるとかでパワープッシュしてもらっちゃえそうです!
(参加者様には写真のパーミッションは確実に取るので安心してくださいね)

ありがとうございます☆

サカエ経済新聞 – 広域栄圏のビジネス&カルチャーニュース