今だからこそ100%泣けて笑える「スクールウォーズ」の魅力と楽しみ方



こんにちは。@machikomaki33 です。

オーバーな演出がめちゃくちゃ面白いと、懐かしドラマシリーズでは超常連の大映ドラマシリーズ。1984年10月から1985年4月まで放送されていました。

中でも常連中の常連ラグビ−青春ドラマ「スクールウォーズ」をレビューしたいと思います。個人的に大好きすぎて通しで全話約10回はDVDを見てもまだ飽きません。

このドラマの魅力はとにかくセリフがぶっ飛んでて面白いことと、100%泣けること。ヤンキーがスポーツで青春する『ROOKIES』と違うのは、花園という大舞台に立つまで7年かけるという実話に基づいたストーリーだけに説得力があるのかもしれませんね。

そして今回のレア感はVシネマの帝王小沢仁志さん。まだ身体ががっちりしていないものの、ワルの風格たっぷりの存在感とちょっとしたあどけなさがたまらないです!

続きを読む

【懐かし】ミナミの帝王になる前の竹内力のレア感がたまらない!「ママハハ・ブギ」レビュー



こんにちは。@machikomaki33 です。80年代のドラマ、すごくおもしろかったですよね。夢中になった人もたくさんいると思いますが、みなさんは何が好きでしたか?

特にTBS系とフジテレビ系の2大ドラマにわかれると思いますが、今日はTBS系ドラマから『ママハハ・ブギ』をレビューしたいと思います!

ママハハ・ブギは1989年7月3から9月にTBSで放送されたドラマで、主演の浅野温子さんが嫁いだ先には大学生と高校生の3人の子供がいて、そのドタバタ家族コメディです。脚本は『家政婦のミタ』の遊川和彦さんです。

大学生の長男が織田裕二さん、ヤンキーの次男に的場浩司さん、長女(末っ子)に石田ひかりさんと今なら超豪華なキャストでした。脚本は現在朝の連続ドラマを担当されている遊川和彦さん。後の大ヒットシリーズとなる「ブギシリーズ」の第1作目です。

ミナミの帝王になるまえの超絶爽やかな竹内力さんや、ドラマではめったに見かけない所ジョージさんが出てくるあたりのレア感もあって今見返してもテンションあがりますよ。

続きを読む

超現実的な回答で納得度120%! 川村 妙慶さんの人生相談がスゴイ

こんにちは。@machikomaki33です。

悩み事ってなぜこんなに尽きないものなんでしょうね。
でもその悩み、案外よくある悩みで検索したらそんなQAとかがでていたりすることもありますよね。

そんなよくある悩みに新しい切り口で挑むのは産経新聞の人生相談 明日へのヒントで、僧侶の川村妙慶さん。

彼女の回答が深い納得ができるんですよ。
続きを読む