【グルメ】弾力のあるモチモチ感と小豆の甘さが絶妙!ツバメヤのもちもちどら焼きレビュー

Th IMG 3268

こんにちは。@machikomaki33 です。

岐阜市の柳ヶ瀬商店街の中にあるカワイイ和菓子屋、ツバメヤさんの「もちもちどら焼き」(126円)を買いに行ってきました。

このどら焼きの弾力のあるモチモチ感はスゴイです。小豆の甘さやつぶあんの小豆の自然な甘みも絶妙で一度食べたらリピートしたくなってしまう「ほっこり美味しい」どら焼きなんです。

ベストスイーツに選ばれていたそうです


柳ヶ瀬の元・長崎屋の目の前にお店があります。
Th IMG 3261
ちいさいショーケースがカワイイ。
Th IMG 3263
これこれ。このどら焼きが欲しかった。
Th IMG 3270
ちいさい見た目にたっぷりのつぶあん。どっしり感は最高です。
Th IMG 3271

食べログのベストスイーツにも選ばれていたそうです。
Th IMG 3274

いざ。
Th IMG 3304
割ってみました。モチモチ感がすごくて写真を撮るより早く食べたくなります。
お餅みたいにびよーんと伸びます。
Th IMG 3305
そのあと美味しくいただきました。
甘さもちょうどよくてほっこりおやつの時間を味わえました。

やばいなあ。これ。
もう一個・・・って言いたくなるどら焼きです。


かりんとうもある


かりんとうも売ってます。市内の老舗の油屋さんが作っているようです。
Th IMG 3269
ほうじ茶かりんとう(367円)
1
甘さが自然であぶらっこくない。ゆえにすすんでしまってたくさん食べてしまいそうになるのが困るところですが。でもこれも美味しいです。
2

■ツバメヤ

営業時間 9時〜18時

定休日 月曜日

売り切れ次第閉店



大きな地図で見る



この本にも載ってます。

【ひとり】12月だもの!勇気を出してひとりイルミネーション行ってみました

こんにちは。@machikomaki33 です。

ひとりシリーズ第2弾はひとりイルミネーション。
こここそ、ピンで来る人なんて滅多にいませんよね。
これはひとりチャレンジし甲斐があるってもんです。

先日のひとりシリーズのココイチで得た東海ウォーカー情報、138タワーのイルミネーションが穴場ということで、車でふらふら向かってみました。

今回も道行く皆さんのご好意いただきました。
ありがとうございます!

とりあえず入場

用意したのはコンデジとiPhone。まるでカメラ好き女子みたいですよね!
ピントの合わせ方とか一切しらないのでオートです。

とりあえずキレイ!
ピンでも十分楽しめますよー
当然周囲は全員カップルないしファミリーですけど
たまに写真を撮ってるひとり女子もいました。

岐阜のお隣の街138
Th DSC 0689
いきなり綺麗。森のようですね。
1
今年のテーマはピーターパンなんだそうで。
2
アヒルの電飾がシュール
3
iPhoneカメラで頑張った
4

ご好意いただきました。

ピンで困るのは記念撮影ができないこと。
というわけで、交渉にいってみました。

コンビにはなんだか申し訳ないし(せめてもの心遣い)、ファミリーもちびっ子のテンションが高い場合は水をさしちゃうし(想像)。

狙いを定めたのは「カメラをガチで構えるおじさん」
同じピン同士。きっと快く撮っていただけるはず。

私 「しゃ、写真撮ってもらえませんか」

おじさん 「無言」

私 「写真を撮って・・・いただきたいんですけど(引くに引けないから続ける)(;・∀・)』」

おじさん「・・・押せばいいの?」
Th DSC 0681
おじさん、だいぶ迷惑そうでしたが、なんやかんやで構図とか考えてくれて
ちゃんと撮ってくれました!

おじさんのやさしさでテンションあがる。
2
おじさんに撮ってもらった写真は大切な思い出です。
1

終えてみて

今回は普通にドキドキした。
めちゃめちゃ心臓バクバクでした。

いい年なのに人の優しさに甘えてていいんだろうかなんて自問自答もした。
でも人という字は支えあうという意味。
人はみんなで支えあって生きているって金八先生も言ってた。
だからひとりシリーズは人のご好意に感謝する企画なのかもしれない。
うん、きっとそうだ。
って、ことにしたい。

138のおじさんのご好意に感謝した1日でした。
ありがとうございます。

今だからこそ100%泣けて笑える「スクールウォーズ」の魅力と楽しみ方



こんにちは。@machikomaki33 です。

オーバーな演出がめちゃくちゃ面白いと、懐かしドラマシリーズでは超常連の大映ドラマシリーズ。1984年10月から1985年4月まで放送されていました。

中でも常連中の常連ラグビ−青春ドラマ「スクールウォーズ」をレビューしたいと思います。個人的に大好きすぎて通しで全話約10回はDVDを見てもまだ飽きません。

このドラマの魅力はとにかくセリフがぶっ飛んでて面白いことと、100%泣けること。ヤンキーがスポーツで青春する『ROOKIES』と違うのは、花園という大舞台に立つまで7年かけるという実話に基づいたストーリーだけに説得力があるのかもしれませんね。

そして今回のレア感はVシネマの帝王小沢仁志さん。まだ身体ががっちりしていないものの、ワルの風格たっぷりの存在感とちょっとしたあどけなさがたまらないです!

続きを読む

【懐かし】ミナミの帝王になる前の竹内力のレア感がたまらない!「ママハハ・ブギ」レビュー



こんにちは。@machikomaki33 です。80年代のドラマ、すごくおもしろかったですよね。夢中になった人もたくさんいると思いますが、みなさんは何が好きでしたか?

特にTBS系とフジテレビ系の2大ドラマにわかれると思いますが、今日はTBS系ドラマから『ママハハ・ブギ』をレビューしたいと思います!

ママハハ・ブギは1989年7月3から9月にTBSで放送されたドラマで、主演の浅野温子さんが嫁いだ先には大学生と高校生の3人の子供がいて、そのドタバタ家族コメディです。脚本は『家政婦のミタ』の遊川和彦さんです。

大学生の長男が織田裕二さん、ヤンキーの次男に的場浩司さん、長女(末っ子)に石田ひかりさんと今なら超豪華なキャストでした。脚本は現在朝の連続ドラマを担当されている遊川和彦さん。後の大ヒットシリーズとなる「ブギシリーズ」の第1作目です。

ミナミの帝王になるまえの超絶爽やかな竹内力さんや、ドラマではめったに見かけない所ジョージさんが出てくるあたりのレア感もあって今見返してもテンションあがりますよ。

続きを読む

超現実的な回答で納得度120%! 川村 妙慶さんの人生相談がスゴイ

こんにちは。@machikomaki33です。

悩み事ってなぜこんなに尽きないものなんでしょうね。
でもその悩み、案外よくある悩みで検索したらそんなQAとかがでていたりすることもありますよね。

そんなよくある悩みに新しい切り口で挑むのは産経新聞の人生相談 明日へのヒントで、僧侶の川村妙慶さん。

彼女の回答が深い納得ができるんですよ。
続きを読む