カテゴリー: 大河ドラマ・ドラマ

『真田丸』が話題だから、南海・真田赤備え列車が気になる!

DSC_0370_R

NHKの大河ドラマ『真田丸』、視聴率も好評で話題になっていますよね。
私も欠かさず見ていますが、コメディ要素と歴史要素が入り混じっておもしろくて、毎回釘付けです。

まだ真田信繁が赤備えのキレッキレの武将であるシーンではないのですが、真田信繁といえばというところも見てみたい。
気になるのは、幽閉されていた九度山を走る赤備え列車。

超真っ赤な幸村列車が気になります。

続きを読む

2ヶ月で3000円も得した!話題の漢方スタイルクラブカードはホントにすごかった

2

最近ポイントライフにハマってきました。
もともとこういう複雑なことは苦手だったのですが、一回やってみるとそんなに難しくなく、地道にポイントが溜まっていくので楽しいです。

見なおしたのはクレジットカードと電子マネー連携です。
ここを見なおして2ヶ月。3000円はトクしました! 続きを読む

知力で天下分け目の戦いをする!?「第1回 関ヶ原検定」がめっちゃ気になる

戦国時代のバトルといえばゲームですが、知力で競い合うバトルもあるそうです!
それがこの9月15日に行われる関ヶ原検定。

東軍、西軍お好きなところへ登録できるのがもちろん、寝返りも認められるという謎の遊び心が満載の検定なんです! 続きを読む

女性は共感ポイントが多い。朝の連続ドラマ「花子とアン」個人的にハマりそう!

朝の連続ドラマの新シリーズ『花子とアン』が始まりましたね!
主人公は吉高由里子さんで、赤毛のアンの翻訳者村岡花子さんの生涯をテーマにした作品です。

最初は「地味?」と思っていたのですが、見始めたらなんだかとっても面白くてすでにはまりそうな予感。
現時点での魅力をご紹介します。特に女性は共感ポイントが多そう!


花子とアンの魅力


1.脚本が「取材力」に定評のある中園ミホさん

脚本の方は毎回チェックして楽しむのが朝の連続ドラマの見方の一つです。
中園さんは「ハケンの品格」「ドクターX 外科医・大門未知子」「コールセンターの恋人」など女性ワーキング系ドラマでヒットを出されている方です。

女性が共感できる部分はOLも題材に扱ってくれて、それにリアリティがあること。
どうも取材力がかなりある方で実際のOLさんにたくさん取材されて脚本を書かれているようですね。

というわけで、職能レベルお高い女性だけでなく、普通に働く女性の気持ちに沿った目線で書かれていくのかなと言う点でめっちゃ期待が持てます。




2・主題歌が良い感じ


絢香さんの「にじいろ」という曲ですが、ほんわかしていて非常にイイカンジです。
赤毛のアンの壮大な自然とかが似合いそうな感じです。

まだ発売されていないので、カバー曲を。世界観出てますね。






3・本が好きという気持ちがカワイイ


貧しい小作の娘だけど、本が大好きという花ちゃん。子供時代の話ですが、字を読みたいとか本を読みたいとか学びたい気持ちにあふれていて、気持ちが良いんです。いくらでも学べる環境の今からすると、なんだか申し訳なくなるくらい。

もっと勉強まじめにやっとけばよかったわ〜と思ったりいろいろしますが、本でここまでテンション上がれる子供がかわいくて仕方ないところが見どころです。あとは想像力で嫌なことを乗り切るという発想をする子なんですが、それがまたポジティブでいいんですよね。

現実をかわす能力というんですかね。

こんな感じで朝の連続ドラマ「花子とアン」を毎回楽しみにして見ています。
そろそろ吉高由里子さんが出演してくるはず。

女性が仕事をするということを、この時代から学んだり共感できたりするポイントがたくさんありそうなのでオススメです!

いい気分で出勤できる。朝ドラ「ごちそうさん」は爽やか少女マンガ的展開が良い!

6 引用:NHKごちそうさん

大ヒット朝ドラの「あまちゃん」の後番組、ごちそうさん。こちらは食いしん坊の洋食屋の主人公が繰り広げる爽やかな女人生ストーリー。ウリは毎回現れるおいしそうなお料理が魅力的なドラマ。

このお食事をスタイリングしているのは映画「かもめ食堂」などを担当するフードスタイリストの飯島奈美さん。大ファンの飯島さんの作るお料理見たさに、毎朝チェックしています。

美味しそうなごはんが目当てでしたが、意外とストーリーが爽やか少女マンガ的展開でいいんです。
朝から「さわやか」な気持ちになれます!




少女マンガのど定番。キライなアイツが気になる…


ざっくり現在までのストーリーをご紹介します。

杏さん演じる卯野め以子の家は洋食店。幼少期からおいしいものに囲まれて育ちますが、食べ物への興味関心がすごすぎる故、事件を起こしまくったお騒がせ娘でもあります。女学校時代に下宿に来た帝大生の悠太郎にほのかな恋心を抱き始めて…


もう、これだけでいい感じの少女マンガ展開ですよね。

動画もありますよ。

大阪出身の下宿生に恋をし、大阪に嫁ぐことになった東京の洋食店の娘が、「食べること」を尊重し、たくましく生きる半生を描く。(公式ガイドより)



最終的には結婚するみたいですけど、それまでの過程として今はドキドキ、フワフワしててオモシロイです。

実は悠太郎とは因縁の仲で、 め以子はカフェで生クリームを悠太郎に飛ばしてしまって、イヤミを言われて撃沈させられたことから「なんなのー! アイツ」となってました。

で、いきなり下宿に来たのがその「アイツ」。
「いいねえ、定番キタ!」と少女マンガな展開にニヤニヤしてしまいます。

スクリーンショット 2013 10 12 22 26 12 引用:NHKごちそうさん

直情的で素直なめ以子と冷静沈着な悠太郎。

そんな水と油の仲の二人ですが、め以子が理科で赤点とったことから勉強をみてもらうことになってから悠太郎が気になり始めることに。

悠太郎は身も蓋もないほど物事をハッキリ言うのが妙におもしろいんです。

め以子が勉強もしない、女として選ばれる努力もしないくせに「ただただ愛されたい」と思うだけで何の魅力もないとバッサリ斬り捨てたり。無表情で淡々とヒドイことをしゃあしゃあというキャラ、いい感じです。
5 引用:NHKごちそうさん

来週からは素直になれない片思いが観られるらしい

そんなこんなで密かな片思いを始めるめ以子が、来週から観られるそうです。

第3週あらすじ

彼女は背が高すぎることがコンプレックスですが、小柄でおしとやかな友人民子が悠太郎を好きになるとか何とかで、これまたど定番の少女マンガ展開が観られそうです。

朝からなんか「カワイイなあ」と思ってほっこりできるのでおすすめです。
まだ3週目なので今から見始めても全然ついていけますよ。

ダイジェスト放送は日曜日の午前11時から45分間放送されるのでまとめてみれるのでこちらもオススメです。



怪談嫌いの私が唯一ハマった怪談「雨月物語」 怖いのは「エスカレートした人の優しさ」

怪談が苦手な@machikomaki33 です。

みなさんは「雨月物語」御存知ですか?
上田秋成という人が江戸時代に書いた怪談話です。

映画にもなってたりしますが、まあ、マイナー感は否めません。
この話は中学の時にハマって、自由研究の題材にもしました。

その理由は怪談なのにぜんぜん怖くないからです。むしろ情念をじっくり味わえるカンジ。
怖い結果になるのは、そもそも人を思う優しさがずれることみたいですね。

美しい情景と「むーーーん」とした死者と生きている人との情感を味わえる作品です。

その中で読みやすいストーリーをピックアップしました。
読書幅を広げたいという方におすすめです。



暑苦しくない泣ける男の友情「菊花の契」


ざっくり言うと、ひょんなことで出会った親孝行な左門さんが、行きずりの怪我をしていた武士と関わり始めて「知的トーク」で話が合って意気投合。ふたりとも学問を愛する文化人でした。お互いを義兄弟と呼ぶほどに。また1年後、ここで会いましょうと約束したものの、1年後武士は敵にとっつかまって監禁され中。どうせここにいても死ぬから、その前になんとか約束守れないかと考えた結果、自害して霊となって左門さんに会いに行くという話。



美しいメンズの話なのでBLのネタっぽいですけど、これが泣けるんですよ!!
暑苦しくない男の友情、しかもコレが最後の晩餐というシーン。
戦争さえなければと真剣に思うそんなお話です。

美人妻がけなげすぎて泣ける 「浅茅が宿」


舞台は栃木県。ざっくり言うと、働くのが嫌いなダンナのせいで、裕福な家はどんどん傾いていったので発奮し、家の財産を全て絹にかえ京に上ることに。美人妻を説得したダンナは秋に帰ることを約束して旅立っていった。ダンナの不在を知ったエロい近所の人に言い寄られたり、怖い思いをしてダンナを待つ妻。でも、戦乱が起きてしまい儲けたお金をすべて盗られてしまったダンナ。しかもその先の関所で通行止めとなり、妻も戦乱で死んでしまったと勝手に思い込み、栃木とは真逆の滋賀県に落ち延びることに。

なんやかんやで滋賀の暮らしで定着し7年がすぎた頃、虫の知らせで栃木へ行くと、まだ妻が生きている!
再会を喜んだダンナだが、それは幽霊になった妻で、とっくに死んでいたことを知る。
非礼を詫て、妻の死に何年も気づけなかったことに泣いて後悔するダンナだった。


これは絶対待ってましたねえ。ダンナが心配で死にきれなかったようです。
これはダンナのほうも、戦争で戻れなかっただけで浮気とかではないせいか、
物語が爽やかに読めます。

これはまだ『ライトな怪談』

女の嫉妬、情念などがガッツリ味わえる「蛇性の婬」「吉備津の釜」
戦争で負けた方の情念を味わう「夢応の鯉魚」「仏法僧」などがオススメです。

涼しくなった今、古典怪談を読んでより、ひんやりしてみてはいかがでしょうか?


マンガもありました。

ようやくフルで聴ける!「あまちゃん」の劇中歌オンパレードのCDに大満足

Th 2013 08 28 12 32 29
こんにちは。@machikomaki33 です。
「じぇじぇじぇ」でお馴染みの朝の連続テレビドラマ『あまちゃん』は岩手出身の主人公が東京でアイドルを目指すという話。

劇中に出てくる架空アイドルの歌がガッツリ入ったアルバム「あまちゃん 歌のアルバム」がようやく届きました!
初回限定盤の劇中歌「暦の上ではディセンバー」の振り付けガイドが欲しくて1ヶ月前から予約してたのでとっても嬉しいです。



中身を確認!


クッション封筒で届きました。
Th 2013 08 28 12 29 50
初回限定盤は4大特典。

・アメ女シングルCD着せかえジャケット

・GMT推しメンカラーロゴステッカー

・「暦の上ではディセンバー」完全振り付けガイド

・宮藤官九郎×大友良英 あまちゃん音楽対談

1
入っていたのはこんな感じ。
Th 2013 08 28 12 38 52
ビニールに入っていたものをオープンすると、アメ女のシングルジャケットが4枚
Th 2013 08 28 12 32 29
推しメンステッカーは5色。私はブルーだったので、ベロニカ(山梨とブラジルのハーフ)でした。

Th 2013 08 28 12 30 32
私が楽しみにしていた振り付けガイドはDVDかと思ったら紙でしたw
イメージしにくいので動画と一緒に見るしかなさそうですね。

こっそり家でアイドルの踊りの練習をするのが趣味なもので、こういうものを買いたくなるんです。
AKBのフリを家で踊るいとうあさこさんみたいなカンジです。
アイドル好きが高じると誰もが通りますよね。
Th 2013 08 28 12 39 29
フルの振付はこちらで確認。歌唱提供をしているアイドルグループ「ベイビーレイズ」
なんかパンクなカンジのアイドルです。



見てない人でも絶対鼻歌で歌っちゃう危険な曲


CDはこんな感じ。
2
今年の紅白確実と言われてる小泉今日子さんの歌う「潮騒のメモリー」、AKBのパロディーアメ横女学園の歌う「暦の上ではディセンバー」、その妹分のGMTの歌う「地元に帰ろう」などがフルで収録されてます。

楽曲がめちゃくちゃアイドルっぽかったり、でも小ネタ満載で楽しいです。
すぐ口ずさんでしまうので、一回聞くと鼻歌で歌いがちです。

ボーナストラックでは種市先輩ファンには嬉しい「南部ダイバー」、スナック梨明日のカラオケバージョンの「潮騒のメモリー」が入っていて、あまちゃんをずーーっと見ているファンにはたまらない構成になってます。

9月末で最終回を迎える「あまちゃん」ワールド。
全く見たことない人でも、良いカンジの歌として楽しめると思います。

旦那さんにしたい武将No.1は”浅井長政”である3つの理由

こんにちは。@machikomaki33 です。

最近、近江を治めていた「浅井長政」は女性が幸せになれる結婚をするのに最高の要素を持ち合わせていることに気づきました。その理由を3つご紹介します。

浅井長政は近江の国(今の滋賀県)を治めていた人で、織田信長の妹お市の最初の旦那さん。協定を結んでいた織田信長を裏切ったとされ、姉川の戦いで敗戦、一家滅亡した悲劇の武将です。

地味な武将ですが、旦那さんとしてはかなりステキな才能がある浅井長政。きっと歴史ドラマの定番シーン、小谷城落城シーンでは100%号泣するようになること間違いなしです!

<余談>
一番好きな人は柴田勝家ですが、最愛の人とは結婚できないという法則にしたがって、旦那さんとしてステキという観点で浅井長政を推してみます。


理由その1 地味だけどイイ仕事する人


浅井長政は浅井家3代目当主。優秀な武将だったようで、戦いでも自ら指揮をとって武功をあげていたようです。その優秀さに惚れ込んだ家臣からリーダーに推薦されているくらいです。

また近江の国のために父親が治水工事をとりはからったり、民のために尽くした家柄でもあります。本人の内政の様子はわかりませんが、基本的にそれを受け継ぐ形で独立した政治を行なっていたとのこと。

地味ですが近江のためにいい仕事をしてきたところがステキです。
ポテンシャルは高いけど、良い人すぎて出世できないとかそういうところも何かいいなと思ってしまいます。75点くらいの仕事ぶりで安定キープというのが個人的には一番いい位置だと思うのですが。仕事のためにいろんなものを犠牲にしなさそうなところが、旦那さんとしてちょっと良くないですか?

理由その2 妻思いで家族思い

ドラマの影響なので真実はわかりませんが、よく愛妻家でイクメンであったように描かれていますよね。お市も浅井家に嫁いで本当に幸せであったというストーリーが多いし、3人の姫と1人の息子がいるのでおそらく大変夫婦仲は良かったのだと思います。

ドラマでもお市は浅井家の最期の時に、長政と小谷城で心中したかったと言って悔やむシーンが多数です。

彼の優しさエピソードでは、望まれない結婚となった「お市」(浅井家では冷遇されてたらしい)をひたすらかばってくれたというのもあります。嫁いだらアウェーになる妻(さらに当時はただの政治の道具で、お市は織田家のスパイ扱いされるほど警戒されてた)を、人として尊重してくれたわけです。

しかも最期は、妻と子供の命を助けるべく尽力を尽くして、自分は自害します。このエピソードは家長としての頼り甲斐を感じますね。武士としての美学に女子どもを巻き込まないという姿勢がステキです。

理由その3 新しい情報をきちんと得られる柔軟さ


浅井家は越前の朝倉家との同盟がありました。しかし、新勢力の織田信長の才能に惚れ込み、織田家の見方をしたほうがトクだと判断します。朝倉家と織田信長はメッチャ仲悪かったので、一族総出で反対されたわけですが。なんというか、旧態依然としたものを壊そうというパイオニア精神があったということですね。お坊ちゃんなのに、そのまま周囲の言うことに乗っからないし、常識を疑える柔軟さがステキです。

結婚相手はながーく幸せでいられそうかで選んでみたい人にオススメ


織田信長をはじめ、伊達政宗、前田慶次など幾多のスター級の戦国武将に比べて、近江を治めていた浅井長政はかなり地味です。別にイケメンでもなかったと思います。

しかし派手でスター級の男性と結婚したら、周囲も羨む人をゲットできたことでおなごとしての自尊心が満たされそうですね。でもきっと、ながーく続く結婚とやらは、穏やかな幸せを一緒に追求できて、人として尊敬出来る人格を持った人と一緒になるのが良いのではないでしょうか。

浅井長政にはその資質があると思います。

・仕事はポテンシャル高いけど75点を安定キープ

・家族をとっても大事にする

・新しいものを取り入れる柔軟さがある(あまり頑固じゃない)

・賞賛より目の前の民を大事にする(周囲の人にも優しい)

・ストレスが少なそうなので穏やかさが長続きしそう


とまあ、結婚したことがないので理想論ですが「ちゃんと仕事して、家長としての役割を果たす気があって、ストレスが少なそう」な人がいいんじゃないかと思いました。かなり偏見かもしれませんが、理想の旦那さんという観点で戦国武将を考えてみるのはオモシロイですよ。


偏愛歴女シリーズ 「大奥」

350px Ooku utaawase
こんにちは。@machikomaki33 です。


いきなりですがかなり偏愛志向の歴女です。司馬遼太郎や池波正太郎を読破できないものの、戦国、幕末あたりが好きな結構ミーハー歴女にオススメの歴史についてご紹介していこうと思います。


今回は1000人もの女性が住んでいたという江戸城の「大奥」です。


大奥は昨年は堺雅人さん主演で映画化(ついでに菅野美穂との結婚でも話題)、ドラマ化されたりとさまざまな作品として扱われているので馴染みのあるテーマだと思います。個人的には大奥をテーマにした作品が好きで好きでたまりません。


中でも2003年に放送されたフジテレビの「大奥」が女性目線を中心に悲喜こもごも女人生の集大成を描いているので、女性の自己実現というストーリーを楽しむならオススメです。


念のため大奥って何?


大奥とは
江戸城に存在した将軍家の子女や正室、奥女中(御殿女中)たちの居所。(Wikipedia)


ざっくりいうと将軍の奥さん、側室が住む場所でその環境全般を支える女性だけの場所ということです。


中でも20種類以上の職種があって、階級によって待遇がまったく違う超格差社会です。
それでも江戸時代、大奥に務めることはステイタスであり、さまざまな身分の女性たちが大奥に入ったそうですよ。



オススメのドラマなど


■フジテレビ「大奥」第1章

これが好きすぎて大奥ファンになったようなもの。「負け犬からの脱却」とかサブタイトルからゾクゾクします。女人生をいろいろ味わうならこの作品は最高です。泣けます!

■よしながふみ『大奥』

菅野美穂さんが主演した映画でお馴染みの、女性と男性が逆転した大奥シリーズ。マンガ版のほうが個人的には好きです。


大奥みどころ 女の出世


女性の自己なんてものは尊重されないのが世の常ですよね。戦後にようやく選挙権が与えられたくらいですから。何百年も前に女の人が自己を持って働くことができたこの世界はとにかくスゴイと思います。

中でも最高の位に上り詰めた「大奥取締」(実際にはなかったらしい職種だそうですが)を張ってたドンをご紹介します。

春日局

2061 1
フジテレビの「大奥」が出典ですが、この人の人生はあらゆる困難にガチで勝ってきたところがスゴイんです。女だから、とか世間が悪いとかそんなものが甘いもんじゃないです。

・謀反者の武将の娘に生まれる

・ヨメに行った先で三行半を受ける

・3大将軍の姥になる

・大奥を仕切る


ここまで振り幅の激しい人生を送れるのがすごいですよね。
「将軍様のためなら鬼にも蛇にもなる」と言い切る女の覚悟がもうカッコいいんです。
北条政子につぐ女性政治家ですから残したキャリアも歴史上トップクラス。

■瀧山

13代将軍家定、14大将軍家茂、15大将軍慶喜の時代に大奥で活躍。14歳で大奥入りし、御年寄(大奥のトップ)に。実力が認められて出世した人です。そんなに史実がありませんが、自分よりずっとエライ女性に対して面と向かって苦言を呈することが出来る「筋の通った女性」だったようです。ドラマでは家定を想っていたけど、嫁いだ正妻の篤姫に対してバチバチに争った嫉妬劇が描かれていました。


十人十色の女人生[江島事件]


大奥の見どころは女人生がさまざまなところ。仕事で成果を上げる人もいれば、恋におぼれて流罪になる人もいて。イヤイヤ連れて来られて気が触れてしまう人や、理不尽な御役目を使わされて(御内証の方とか)婚約者との縁談を破棄されて自害する人や、女性が女性に恋してしまったりも。女子校みたいにキャピキャピやっていける人ももちろんいます。

でも、やっぱり有名かつ史実としても珍しいのは江島事件じゃないでしょうか。

江戸時代中期に江戸城大奥御年寄の江島(絵島)が歌舞伎役者の生島新五郎らを相手に遊興に及んだことが引き金となり、関係者多数が処罰された綱紀粛正事件。


仕事でメッチャキャリアがあった人が、歌舞伎役者と恋落ちて密会していたのがバレて役者の方は死刑、江島は流罪、江島のお兄さんは斬首と厳罰に処されてしまったわけです。

76524

江島が幽閉されたところ


この事件をモチーフにした小説やドラマはたくさんあります。個人のスキャンダルが歴史を動かしちゃうのがスゴイですよね。そこまで人生がメッチャクチャになるような恋愛をしてみたい・・・気もしますが、やっぱり小心者なので小説などでその世界を楽しむだけにしておきたいです。

おすすめ作品はこれ。仲間由紀恵さん主演で美しい江島が楽しめます。

いかがでしたか。女が1000人も集まって約300年くらい続いた大奥。そりゃーいろいろあるでしょ!というゴシップ感も楽しいし、なにより女性が自己実現できた弱肉強食の世界を堪能できます。

今だからこそ100%泣けて笑える「スクールウォーズ」の魅力と楽しみ方



こんにちは。@machikomaki33 です。

オーバーな演出がめちゃくちゃ面白いと、懐かしドラマシリーズでは超常連の大映ドラマシリーズ。1984年10月から1985年4月まで放送されていました。

中でも常連中の常連ラグビ−青春ドラマ「スクールウォーズ」をレビューしたいと思います。個人的に大好きすぎて通しで全話約10回はDVDを見てもまだ飽きません。

このドラマの魅力はとにかくセリフがぶっ飛んでて面白いことと、100%泣けること。ヤンキーがスポーツで青春する『ROOKIES』と違うのは、花園という大舞台に立つまで7年かけるという実話に基づいたストーリーだけに説得力があるのかもしれませんね。

そして今回のレア感はVシネマの帝王小沢仁志さん。まだ身体ががっちりしていないものの、ワルの風格たっぷりの存在感とちょっとしたあどけなさがたまらないです!

続きを読む