名古屋とは違う独特すぎるあんかけ。岐阜流・あんかけスパの「あさの」

IMG_20170428_125935_R
この記事は歴史は無関係です!
あんかけスパならすべて味が一緒と思っている方も多いと思いますが、お店ごとに味が全然違います!
名古屋めしとして定着しているあんかけスパですが、おそらく名古屋流と岐阜流は違うのではないかと思います。

小学校の時に食べたあんかけスパとほぼ同じ味をもとめて、いろいろなお店でチャレンジしましたが見つからず。
約30年ぶりに岐阜市の「あさの」で求めたいたあの味を発見いたしました!

違いはソースの色の薄さと、ほんのり香るローズマリーでしょうか。
ぜひこの岐阜流あんかけスパを味わって欲しいです。



近鉄アミコ・コーレの閉店から


岐阜県民の私が初めて食べたあんかけスパは、小学生の時。
柳ケ瀬商店街の近鉄アミコ(もうありません)地下にあった「コーレ」という地下にある小さなお店でいただきました。
超個性的な香りと、マイルドなソース。なんやかんやで5-6回行きましたが、気づけば閉店。
二度とあのあんかけスパが食べられなくなりました。

いわゆる名古屋のあんかけスパとは全然ちがうあのソース。
個性的な香りはなんなんだろうとニオイを探し続けた結果、上野でスパイスやらハーブを物色した時に「ローズマリーの粉」と特定できました。ずっと鼻をきかせておいたことが報われました。

でもニオイがわかってもソースの作り方がわからない・・・
ずーっと探していたのに、超・お近くにコーレ的なソースが味わえるお店があったとは。
それが、岐阜市にある「あさの」です。

コーヒー&スパゲティ「あさの」


こちらはとにかくボリュームいっぱい、しかも早くておいしいということで、働く男性に大人気のお店。
平日ランチに行きましたが、店内は男性がほとんど。

IMG_20170428_123734_R
IMG_3475_R
IMG_20170428_123754_R
普通の大きさでも結構な量がありますが、半分くらいの男性は大盛りを注文されていました。
日替わりランチという揚げ物とパスタとごはんがセットになったものもあります。
今回はスタンダードにミラネーズを注文。(カントリーと間違えてしまった結果のミラネーズ)

なんですか。このソーセージ、ハム類のどーん!ぶり。
太い麺、独特の色のソース。たまらないですね。

IMG_3474_R
こちらは人気のミートボール。ほぼハンバーグという大ボリューム。
ちなみにこれで普通もりです。すごい!

IMG_20170428_125935_R
こちらのソースはトマトベースではないソース。何ソースとはもう表現できません。
食べた後広がるローズマリーの香りがありました!約30年ぶりですよ!

これは間違いなく探してたあの味!と感激しました。(あくまで私の感想です)
麺は太くてNOTアルデンテ、茹ですぎといわれればそれまでですが、洗練されていない麺だからこそいいんですよね。

一度食べ比べていただければわかりますが、岐阜流のあんかけと名古屋のあんかけはホントに違います。
正確にはあさのの味との比較なのかもしれませんが、こういう味は岐阜でないと食べられないと思います。

食べたい味はあさのにある!とわかっただけで、もう大満足です。
ずっと続いていて欲しいです。

この記事を書いた人

北村 美桂
北村 美桂
岐阜県出身。約10年のWEB編集・ライターを経て、2013年から独立。「名古屋歴史ナイト」という歴史イベントも主宰。詳しく知りたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:東海グルメ