ブラタモリ熱田編で紹介された堀川の石垣がある「カフェブランカ」

IMG_4042_R
大変な高視聴率となった6月に放送された『ブラタモリ名古屋・熱田編』で紹介された、堀川の石垣。
堀川で荷物の積み下ろしをするためにできた石垣として紹介されていましたね。

このあたりは、今でも材木問屋街として残っており、川の付近には石垣の跡が残っているところがあります。
放送中に「堀川の荷物積み下ろしのための石垣」がある場所として紹介されたのは、cafe Blanka(カフェブランカ)さん。

ギャラリーで石垣見学ができるとのこで、見学とランチを楽しんできました!




おしゃれなギャラリーカフェ


名古屋の堀川は熱田の港と名古屋城下を結ぶ約6キロ川。
この堀川が名古屋城下の経済発展を支えました。この川の切削工事の責任者だったのが、賤ヶ岳の七本槍の1人のメンバーであり、広島49万石の大名だった福島正則。

名古屋城の建築の天下普請でも駆り出されていた福島正則は、実は堀川の工事も担当していたのですね。
来年4月にその功績を称えるべく、福島正則の銅像が「納屋橋ゆめ広場」に設置される予定だそうです。

堀川再生願い福島正則像(読売新聞)


まさかの福島正則が作った川だとは知りませんでした。
そう思うとこの石垣も経済発展の証のひとつなわけですよね。長野県から木曽ひのきがこの堀川を通って名古屋城に運ばれたことを思いながら石垣を見てみます。

ブランカさんはギャラリーとカフェの複合スペースで、石垣はギャラリーのほうにあるようです。

IMG_4034_R
IMG_4036_R
お店の横はこの橋の下に降りられる階段があります。

IMG_4039_R
降りてみると、石垣がありました。ちょっと感動します。

IMG_4038_R

お店に入ってギャラリーに降りてみると

IMG_4043_R
また石垣が出てきました。まさにこの石垣が紹介されていましたね!

IMG_4042_R
天井の張りも素敵です。

IMG_4045_R

ランチも素敵


ランチはカレーランチ(860円)、パスタランチ(980円)、日替わりランチ(900円)、数量限定のキッシュランチ(1480円)でした。
今回はキッシュランチを選択。

オシャレな前菜。野菜たっぷりでヘルシーな感じです。

IMG_4047_R
冷たいスープとパンも出てきました。オリーブオイルでパンは頂きます。

IMG_4050_R
こちらがキッシュ。分厚いですね。
中身は根菜がたっぷりはいっています。

IMG_4051_R
IMG_4052_R

堀川を眺められるロケーションで、優雅にランチができました。
そもそも戦いのためではなく、名古屋城下への物流のための川である堀川。
石垣や材木問屋を歩いていると戦いが終わって、平和な世の中となった名古屋が身近に感じられる気がします。

カフェ・ブランカへのアクセス


住所:〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-12-3
電話:052-265-5557
定休日:月曜日 / 第一火曜日

カフェ
営業時間:
11:30-16:30 ランチ(LO14:00)
18:00-22:00 (LO20:30)
火曜日のみ 11:30-17:30 ディナー営業なし

アクセス
名古屋市営地下鉄 丸の内駅/ 8番出口より徒歩5分
名古屋市営地下鉄 国際センター駅 / 2番出口より徒歩10分
*駐車場有り <店舗の北隣り 月極駐車場 4台>

この記事を書いた人

北村 美桂
北村 美桂
岐阜県出身。約10年のWEB編集・ライターを経て、2013年から独立。「名古屋歴史ナイト」という歴史イベントも主宰。詳しく知りたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:ぶらり歴女散歩