城の遺構が見学できる!三河一向一揆の拠点だった安城市の本證寺

IMG_20170429_142646_R
4月29日に安城市の「第1回 本證寺フェスティバル」に行ってきました。
お目当ては13時からの小和田哲男先生による「三河一向一揆」についての講座。
本證寺の裏手にある土塁跡などの見学もしました。



三河一向一揆の重要拠点だった本證寺


三河一向一揆という言葉は、西三河に住み始めてから本当によく目にするようになりました。

三河一向一揆(みかわいっこういっき)は、戦国時代に三河国の西三河全域で永禄6年(1563年)から永禄7年(1564年)まで半年ほど行われた一向一揆である。曹洞宗の勢力が強かった東三河は該当しない。現在の安城市野寺の本證寺第十代・空誓(蓮如の孫)が中心となって浄土真宗本願寺派門徒に檄を飛ばし、領主の松平(のちの徳川)家康と戦った。三州一向宗乱記に「当国碧海郡野寺村の本證寺と申すは、一向宗の小本寺にて、守護不入の道場、当国三箇寺の其の一箇寺なり」と記載されている。

引用元:ウィキペディア



松平元康率いる軍と門徒との激しい戦い。
本證寺の住職が中心となって行っていたのですね。
先日訪れた東条城の城主は三河一向一揆側についていましたね。
車では本證寺から30分位の距離感です。

こちらが本證寺。(本堂の写真を失念してしまいました)

IMG_20170429_113943_R
裏手に回るとこうした土塁跡が見られます。

一緒に回ってくださったのはお城お姉さんのにのさん、静岡のkoqzoさん。

IMG_20170429_141320_R
堀切の高さは写真では非常にわかりにくい。
そこで、一緒に回ってくれたお城おねえさん「にのさん」が立ってくれました。
この堀は結構な高さがあります。

IMG_20170429_141326_R
お寺とは思えないほど、立派な城としての遺構が感じられました。
これはスゴイ。
IMG_20170429_141305_R
外堀跡らしきものがあると連れて行ってもらったのがこちら。
もしこれが長い外堀だったらと思うと、本證城と呼ばれることがあるのものわかります。

IMG_20170429_143124_R

これが初の本證寺フェスティバル


地元の方が有志で行うイベントとして、本證寺フェスティバルは今回が初回。
1杯100円の本證寺カレーという名物カレーも食べました。すぐ売り切れてしまったようですよ。
さらっとしていて美味しいカレーでした。

IMG_20170429_120357_R
電車の模型体験、珍しい納棺体験などいろいろなイベントが行われていました。

IMG_20170429_115151_R
本堂で先生の講座を聞きます。
ものすごい人気でギュウギュウぶりがすごかったです。

IMG_20170429_130649_R
まさか本堂で先生の講座が聞けるとは。司会の方も「歴史界の神様と言われる小和田哲男先生です」と紹介するほど。
この紹介に、先生は非常に照れていらっしゃいましたが、いつもどおり時間ピッタリに収める神業講座を行っていただきました。
知らないことが多すぎて、書き込みのし過ぎでプリントがグチャグチャになってしまいました。
メモが読めないという失態をおかしましたが・・・

本證寺の帰り道はみなさんで、近所の桜井城址にもいきましたが、恐ろしい突風で身の危険を感じすぐに撤収。
安城市の史跡ももっとしっかり知りたいと思った1日でした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ