水野勝成の評価が高い記事をきっかけに、刈谷城的なものを見にいってみた

DSC_0040_R
第12回歴史ナイトで歴女医マリ先生が取り上げた水野勝成。
読売新聞の連載、東海100城の「短気が災い放浪15年」という記事を読み、刈谷城的なものがある亀城公園に行ってみました。


遺構らしきものはない



DSC_0040_R
水野勝成は徳川家康のいとこですが、若き日に部下を斬ってしまい父に勘当され諸国を放浪とした武将。
その間、小西行長、加藤清正などの豊臣の有力武将のもとを転々とし、関ヶ原の戦いのちょっと前に家康のはからいで、刈谷城を継ぐことに。
大垣城攻めで武功を上げ、刈谷藩主になりました。
その後は大阪の陣でも武功をバカスカ上げて、3万石の加増で大和郡山に転封し、福島正則の改易をを持って初代福山藩主になったという最後がハッピーエンドな武将。

刈谷城的なものというのは、現在は市民のみなさんの憩いの場として亀城公園になっており遺構は特にありません。
図書館や体育館も近くあり、結構混雑しております。
公園ではママ友サークルの方が、我が子の写真を一生懸命撮りまくっていて、ほっこりする光景も。

広い池には亀がこれでもかと生息し、気持ちのよい公園でした。

刈谷のキャラクター勝成くんの自販機が。
自販機の横に勝成くんの歴史がさらりと解説されています。
DSC_0003_RDSC_0005_R

整備計画が持ち上がっていて、刈谷城を復元するという話もありますがまだ着手はされないようです。
歴史博物館は現在建築中なので、こちらの完成も楽しみですね。

DSC_0020_R
DSC_0018_R
土塁跡かと思われますが、これは無関係。
遺構っぽいものを勝手に探す(妄想する)のもなかなか楽しいものです。

DSC_0038_R
DSC_0013_R

オススメは刈谷市製作の歴史DVD


結果的に歴史要素はあまりないまま公園をぐるぐるしたわけですが、十朋亭にある刈谷市が作った歴史DVDはかなりよいクオリティでした。

1話あたり20分の超大作なので、すべて見るのはなかなか大変です。
5分にまとめたダイジェストもありますが、思い切って「初代刈谷城主水野勝成」をフルで見ました。

DSC_0046_R
なかなか見ごたえがあってわかりやすかったです。
購入は1話1000円で買えるそうです。

気持ちのいい散歩と勝成くんのDVDを見るだけで終わってしまいましたが、それはそれでなかなか楽しい幻の刈谷城散歩となりました。

復元するとなると、刈谷市作成の復元図通り、正面は石垣、裏側は土塁のお城になるのでしょうか。
地味ですが想像上の立派な天守がどかっと作られるより、味わい深そうな気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ