2016年カツイエ.comで一番読まれた記事ベスト5

20161229
2016年は意外といろんな史跡に行けたようでちょっと足りなかった!
そしてカツイエ.comの更新があまりままならなかった!反省多数ですが、今年更新した記事で一番読まれた記事(PV数の集計、2016年1月1日から12月27日まで)を5位からザザーと紹介します。



5位:地元民のおもてなしがアツくてユルくて最高!可児市の「久々利城攻めツアー」


no5
10月8日に参加した可児市の「山城へ行こう!」の久々利城攻めツアーのレポートが5位。
これはGoogleとかではなく、可児市の皆様がとても喜んでくださり、Facebookでシェアしてくださったからだと思います。
本当に面白いツアーでした。そこまで派手な歴史がなくとも、山城で遊び倒すというチャレンジャーな試みがステキだと思います。
来年もぜひ!



地元民のおもてなしがアツくてユルくて最高!可児市の「久々利城攻めツアー」 | カツイエ.com



4位:どうして今まで気付かなかったの?耐熱計量カップって素晴らしく万能


no4jpg
まさかの計量カップネタがランクイン。
電子レンジ対応のプラスチック製の計量カップ愛を語った記事。
以降、コーヒーを入れる道具として、ポット代わりとして超愛用しています。
さらに、粉と液体を混ぜるような料理もボウルで混ぜるより、使いやすいことが判明。
我が家ではボウルの存在価値までなかったことにしようとしています。
恐ろしい子!

もう計量カップがあれば急須もポットも不要です(私の場合)。
冷めるという問題は、100円ショップで販売している「マグカップのフタ」がちょうどピッタリ!
この便利さは神です。来年も使い倒します。


どうして今まで気付かなかったの?耐熱計量カップって素晴らしく万能 | カツイエ.com



3位:徳川慶喜が飲んだコーヒーの味を再現した「徳川将軍珈琲」を飲んでみました!


no3
徳川様のコーヒー記事はTwitterで、たくさんRTされました。
ネット界のスゴイメディアの足元にも及びませんが、カツイエ.comにとっては大変な快挙です。

まず将軍様の飲んだコーヒーが現代で味わえるということ、焙煎しているのがご子孫とあらば、どんなコーヒーも話題性では勝てないでしょう。

このコーヒーの期間限定のアイスコーヒーをいただきましたが、苦うまい!
コーヒー大好き、シブイの大好きな人には、中毒になりそうな味です。

ミルクと割っても美味しいですが、ブラックで苦さを味わって飲むのが良いと思います。

徳川慶喜が飲んだコーヒーの味を再現した「徳川将軍珈琲」を飲んでみました! | カツイエ.com



3位:勝家だから武田に拒否られた・・・?新東名「長篠PA」の「武田自販機」と「織田自販機」の怪

no2
新東名の長篠SA下りの自販機記事です。
やはり長篠合戦を地域の名物として押しまくる長篠の愛が感じられます。
自販機はここにしかない、信長、家康、信玄が喋る自販機。

調子が悪かったのか武田信玄自販機で「風林火山」と言ってもらえませんでした。
「わざとじゃないの?」と思うほどの、華麗なスルーぶり。
声の内容もバージョンも、時期によって変わると面白いのにと思っています。

勝家だから武田に拒否られた・・・?新東名「長篠PA」の「武田自販機」と「織田自販機」の怪 | カツイエ.com



2位:軽く武田色も入ってるw 愛知限定の「三英傑nanaco」が限定販売中


no2jpg
愛知限定の三英傑nanacoのお話です。
モバイルnanacoを持っていないので、本当に三英傑nanacoを使っています。
オークションでも見かけました。そんなに人気なの!?と驚きますよね。

最近はドアラが限定nanacoとなっています。
個人的にはドアラになろうが、シャチホコになろうが、武将nanacoをずっと使いたいです。

軽く武田色も入ってるw 愛知限定の「三英傑nanaco」が限定販売中 | カツイエ.com



1位:守って守って守りまくる防御力に圧倒される!千田嘉博教授と行くお城ツアー2日目-松坂城編-


no1
1位は12月10日、11日に行われた千田嘉博先生のお城ツアー記事。
特に松坂城の4連続枡型虎口について。木が育ちすぎて、石垣が壊れそうになっている場面なども目の当たりにしました。
非常に大きなお城で、警戒しまくり。構造を知ったら敵軍は逃げて帰るでしょうね。
今回も面白いツアーでした!

守って守って守りまくる防御力に圧倒される!千田嘉博教授と行くお城ツアー2日目-松坂城編- | カツイエ.com



まずは千田先生ツアーなどのツアーに参加できたこと、歴史ナイトもちゃんと開催できたこと、東京で歴史オジサンの話しまくって、調子に乗って小久ヒロさんにお声がけして「おもしろ歴史おじ散歩」という連載も武将JAPAN様でやらせていただきました。来年もあたらしいオジサンを見つけ、取材待ち。続編を続けていきます!

rekisi
実はまだアップできていませんが、11月には岐阜県ネタを取材済み、来年はもしかしたらまた新しい取り組みをお伝えできるかもしれないことが動いております。

私は歴史の楽しさを伝えて、興味を持っていただき、いろいろな初心者向けイベントに行くきっかけになれたらと思っております。
カツイエ.comは歴史にまったく興味ない人向けブログ&活動なんでしょうね(苦笑)

そんなこんなで地域と歴史をカツイエ.com流に応援する感じで、色々やっていきたいと思います。

来年もカツイエ.comをどうぞよろしくお願いいたします!

この記事を書いた人

北村 美桂
北村 美桂
岐阜県出身。約10年のWEB編集・ライターを経て、2013年から独立。「名古屋歴史ナイト」という歴史イベントも主宰。詳しく知りたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ