集中力が欲しいがゆえに、健康的な生活を追い求めだした

ここ数ヶ月更新頻度が落ちまくっておりますが、北村は元気で生きております。
想像以上のタスク増加で、カツイエがどんどん後回しになってゆくという負のスパイラル。
そして、不健康になり、ぽっちゃりがモアぽっちゃりになっていく。

どちらかというと後者のほうがヤバイわけです。
タスクが減って、ぽっちゃりに歯止めをかけられないかとと探した結果、メンタリストDaiGoさんの「自分を操る超集中力」を読んだら、見つかりました。

運動し、低G1の健康的な生活が集中力がアップし、タスクが片付く。
書いていませんが、要はこの生活ってダイエット的にもいいのでは。

はい、早速実践していますよ!


まずは運動


本によると、朝運動するのが良いそうです。
というわけでほぼ毎朝3キロのランニングを始めました。
できる時は7キロも走ってていたのに、今や3キロで息切れです。
「痩せたいわー、もっと軽く走りたいわー」と毎回、思いつつ、走ったことへの達成感を味わえてかなり幸せです。

ちなみに、走る時は雑念だらけになると続かないので、単純な言葉を左右の足を踏み出す時に思うようにしています。
ありがとうとか、幸せとかそういう簡単な単語です。

2つしか考えないので、結構集中できます。
この集中も頭がすっきりするなと思いました。

朝食後2時間後の集中力タイム


そして朝食は低G1食品を摂取しますが、よくわからないのでオールブランと牛乳とはちみつを食しています。
時にチアシード入りヨーグルトとはちみつというメニューの時もあります。

低G1穀物のオールブランに、疲労回復効果を狙ってはちみつ、牛乳やヨーグルトでカルシウム摂取。
そしてこの2つと決めれば、考えなくて済みます。

選択肢を減らすことも集中力のために必要なことのようです。



ポモドーロテクニックの使用


25分集中して、5分休む。このポモドーロテクニックを使って強制的に5分休んでいます。
この5分の間は瞑想したりするというメンタリストDaiGoさんの本の行動をそのまま実践しています。

大体トイレ行って、見たいサイトを見て終わってしまうのですが、まだやりたいと思う状態で仕事を中断するのは、仕事がはかどる秘訣なのだとか。

ChromeのアドオンであるStrict Workflowを使っています。
これはタイマーを使っている間は、Facebook、Twitterなど設定した気が散りそうなサイトへのアクセスができないようにしてくれるというすぐれものです。

1日のどこかで瞑想をする


瞑想はいまやストレス対策に有効と言われて話題になっています。
そこで一日のどこかで瞑想をするようにしています。ポモドーロ・テクニックの合間でするのもいいのですが、寝る前の数分行うのがいい感じです。

なにせ瞑想習慣がほとんどないので、スッカリ忘れて夜になってしまうということなのですが。。。

まとめ


運用して約1週間ですが、体調面で少しいい感じです。
あとストレスがかなり溜まっていた点は、運動ですこし軽減されたような気がします。

肝心のタスク減少についてはあまり達成していませんが、私の毎日の仕事にかかる時間の読みが大幅に少なく見積もっていたことが判明しました。

時間を見積もりを理想でやっていたのですが、現実をどう見積もればいいのか。
新たな課題が見つかりました・・・。

という、カツイエが更新されないことへの言い訳でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:毎日カツイエ