鎌が木に刺さってる!真田幸村が戦勝祈願した「鎌八幡」【大坂の陣フィールドワーク】

DSC_0196_R

大坂の陣ナイトで、フィールドワークの発表ができなかったので、ブログでお伝えしていきます。
私がめぐったのは、

    三光神社~真田山小学校
    鎌八幡
    一心寺
    心眼寺
    大阪城
    大阪歴史博物館
    越中井
    茶臼山
    四天王寺
    安居神社
    (おまけ)通天閣



千田嘉博先生の「真田丸の謎―戦国時代を「城」で読み解く」で記された地図を元に、三光神社付近を歩くというものと、大阪城を中心とした近辺のゆかりの土地を歩きました。

しっかり見て回るために1泊2日かけて回りました。
今回は、「鎌八幡」についてご紹介します。



千田嘉博先生の本の地図を元に真田丸を回る


千田嘉博先生の「真田丸の謎―戦国時代を「城」で読み解く」から、真田丸の復元図と現在の地図を対比させてみました。

下記の地図は、本より引用した富永商太先生の復元図に手書きで書き込みして回りました。
本当はそれを掲載したいのですが、ネタバレするので、Google Mapで囲んでみました。

青と緑が真田丸だと思って歩いた場所。赤は堀だと解釈。

千田嘉博先生の本を読み、鎌八幡は真田丸の西の端に当たる場所だと理解しました。

図2_R
読売新聞での連載でも真田丸について書かれています。

真田丸は超攻撃的 2段射撃構造<家康編20> : 中部発 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)




真田幸村が戦勝祈願したお寺は、屈指の悪縁切りのお寺


鎌八幡とは、大阪市内にある「鎌八幡」は、悪縁切りのお寺で有名な場所。
正式名称は「鎌八幡円珠庵」と言います。

真田幸村が冬の陣の時、戦勝祈願に訪れ、戦勝を上げたと言われているお寺。

現在は大阪屈指の悪縁切り寺のようで、木にたくさんの鎌が刺さっていました。
お寺の写真撮影はNGなのですが、大阪市歴史博物館にレプリカ展示がしてあったもので見てびっくりしました。

DSC_0083_R

かなりインパクトの大きな祈祷です。

大阪歴史博物館のパネルに説明書きがあります。

DSC_0084_R

切りたい悪縁がなくてもお参りは自由


なんだか大切な人との縁も切れてしまいそうで行くのが怖い!という方もご安心ください。

お寺の方に聞いたら、良縁は切れないそうです。

鎌を打ち込む祈祷は特別祈祷で、一般祈祷、連続祈祷、絵馬とさまざまな方法があるようです。

詳しくはお寺に直接電話予約してくださいとのことでした。

人との縁だけでなく、食べ過ぎ、飲み過ぎなどの悪い習慣も悪縁のようです。
甘いモノと小麦ホリックはなんとかすべきですね…

道路に大きな看板が出ているのですぐに分かります。

DSC_0197_R

悪縁と鎌。真田幸村も悪縁を切り、勝利を掴んだということで心願成就のご利益もあるそうです。

DSC_0196_R

入り口までは写真OK。此処から先はカメラなどの撮影は入れません。

DSC_0201_R

真田幸村やお寺について知りたい場合は、事務所に行くとお寺の歴史などが簡単にまとめられたプリントをいただけます。

トップ – 【公式ホームページ】 悪縁を絶つ寺 鎌八幡




鎌八幡で語り継がれる「大坂冬の陣」 – 玉造を応援する情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ