思ったより鐘がデカイ!大坂の陣のきっかけになった方広寺

DSC_0023_R

1600年に関が原の戦いが終わってから、14年後の1614年4月。

豊臣秀頼が建立した方広寺大仏殿の鐘銘が、家康呪詛の意図があるという疑いをかけられて(因縁をつけられて)、
大坂の陣に発展。

その鐘を見に行ってきました。
もちろん、12月12日開催する歴史ナイトでフィールドワーク報告するためです。

鐘がでかすぎてびっくりした

方広寺まではJR京都駅から徒歩で20分~25分くらいでした。
豊國神社の隣に方広寺があります。訪れた時は境内のいちょうがキレイでした。

DSC_0040_R

豊臣のひょうたん。

DSC_0041_R

こちらが方広寺。

DSC_0018_R

なんか鐘がデカイ…

DSC_0020_R

アップにしてみると迫力満点。

DSC_0021_R

私と比較してみるとその大きさが伝わるはず。

DSC_0030_R

どのくらいの大きさかというと、

高さ4.2m、外径2.8m、厚さ0.27m、重さ82.7tもの巨大なこの鐘は、東大寺、知恩院の鐘とともに日本三大名鐘といわれています。

とのこと。

見どころは国家安康 君臣豊楽

もちろん見たいのは鐘銘。

ガン見してみる。

DSC_0025_R

しかしわかりやすくマーキングしてあるので、誰でもわかります。こんな文字がきかっけになるとは。
むしろ、徳川家康はこんなのよく見つけたなと思います。

DSC_0023_R

それがこんな悲劇を生み出す結果になろうとは。
夏の陣の屏風図は戦のあとの生々しさが描かれていて、「戦国のゲルニカ」とも。

1280px-The_Siege_of_Osaka_Castle

そんな悲しい歴史のきっかけになったお寺でみつけたホッコリ部分。
ハート型の模様がありました。鐘の側面あたりで見られます。

IMG_9466_R

一度、鐘をついた音を聞いてみたいです。

IMG_9470_R

方広寺 | 京都の観光スポット | 京都観光情報 KYOTOdesign

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ