たった200円でこのクオリティ!全国城郭管理者協議会の「城のしおり」が素敵すぎて大変

3
こちら大阪城内の図録売り場で発見した全国城郭管理者協議会の「城のしおり」。

48の加盟しているお城のデータと城の基礎知識がまとまっていて、すごく便利なんです!
しかも判型もB6サイズと持ちやすい大きさで、スタンプを押すところまでついています。

これは明らかに城巡りが楽しくなるやつ!!しかもたった200円ですよ。
見つけたら、即買しても後悔はないと思います。

表紙のシブさと情報のコンパクトさがいい


この修学旅行かなにかでもらえそうなルックスがもうツボ。

IMG 8561th

全国城郭管理者協議会加盟の48のお城。姫路城、大坂城、名古屋城と有名所は加盟しております。

1
各お城がこのように1ページにまとまってます。

IMG 8563th

しかもほしい情報は超コンパクトにきちんと掲載されてます。
例えば城の別名。歴代城主、できた年代、作った人、お城一言ポイントも。

たとえば郡上八幡城の場合、「八幡城の頂上からは、市街地が一望でき、春は桜、夏は涼風を受けながら東殿山の連邦を仰ぎ…」という、情景がよくわかる景色解説文が非常に素敵です。

2

お城にあるあのスタンプを押せるのが嬉しい


お城に行くとスタンプが必ずありますが、特に集めるようなイベントにも参加していないのでスルーでした。
しかしこのしおりを持って行くと押せます。

IMG 8566th
しかも数が少なめなので工夫してレイアウトしないと、紙を上から重ねるという、これまたアナログな方法をとらなければならなくなります。それも良さそうですね。べたべた紙を貼って丸くなって不格好な冊子のルックスも、味があります。

どうもお城に行くとアナログなものが素敵に見える


このしおりを持ってまだどこにも行っておりませんが、どうも城はこういうアナログなものが楽しくなってしまう場所のような気がします。メダルも必ずあるし、時代に逆行しているというか時間が止まっている雰囲気を楽しむのも魅力のように思います。

というわけで、SNSやアプリを使うことなく、あえてアナログに記録を残すことで楽しさを倍増させてみます。
そんな面倒くさいことをこの時代にすることが、新鮮ですからね。

すでに行ったところには、ボールペンで書き込みするとか、味のある演出もいろいろ試してみたいです。

全国城郭管理者協議会とは


公式サイトはありませんでした。全国のお城入場者数の統計などを発表しているようです。入場者数ランキングもわかります。ちなみに不動の1位(たまに2位)は首里城。





しおりの裏に連絡先がありました。愛知県がお膝元のようですね。

IMG 8568th

全国城郭管理者協議会は、名古屋市役所の中にあるそうです。
問い合わせれば、しおりが手に入るかもしれません。

この記事を書いた人

北村 美桂
北村 美桂
岐阜県出身。約10年のWEB編集・ライターを経て、2013年から独立。「名古屋歴史ナイト」という歴史イベントも主宰。詳しく知りたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:ニュース