地方でフリーになってもうすぐ3年目。飽き性で行動派なのになんか知らんけど続いた理由

1

そういえば来月で地方でフリーランスになって3年目です。
ここまで続くと誰が思ったでしょうか。本人が一番びっくりですよ。

続いた理由は、周囲の皆さんに助けてもらえているからというのと、続けてるという実感が無いからだと思います。

実はフリーランスは2回めです

実はわたしはフリーランス2回め。

1回めは東京でフリーランスのライターを3年やってましたが、初回の低空飛行を耐えに耐え、めっちゃ忙しくなったかと思えば、突然仕事がしょんぼりしだして慌て、なんかやってるとまた浮上するを繰り返しておりました。

続いた理由は「悶々としながら、いろいろ考え、行動。」をひたすら続けたから。

その時もやってる実感があまりなかったような気がします。

地方フリーランスは「どれだけ面白がれるか」がカギ

私の仕事は受託なので、発注というナマモノで活きる仕事。

なのに、そのニーズがほぼ皆無の地方でフリーランスなんて超無謀なことをやって3年目。

当然、低空飛行が想像以上に長く、プライドズタボロでした。もちろん残高も。

しかしながら、ドロの中からでも救いが来るようで、無我夢中でどうにかこうにか進んでいったら、いろんなやさしい方が助けてくれて、なんとか生かしてもらっております。本当にありがたいことです。

元来、大変な飽き性で行動派の場合、だいたいいろんなところに流されやすいのですが、続いた理由は「まだ続けたいから」です。

まだオモロイ展開があるはず!という未来を信じる気持ちと、強烈な好奇心ですね。

というわけで、数年前は無職と思われるとか、友だちができないとかさんざんいいましたが、「慣れ」たらどうにかなります。慣れなかったら、またその時考えれば良いのではないでしょうか。

東京からUターンして3年目。一番苦労した「地元の友だちの作り直し」 | カツイエ.com

まだまだ模索中ですが、まあそんなもんなんでしょう。
と、今日は仙人みたいな気持ちで締めときます。

相変わらず地方Uターン記事は役立たないといわないでくださいねw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:地方・Uターン