15年「プロレス女子」な私が、今の「プロレス女子」に伝えたい「殿方にプロレス好き」を言う時の弊害と対策

IMG 3072th

いいブーム来てますねーー「プロレス女子」。

言いたいことはただひとつ「プロレスのことを話してもいい人が増えたー」という喜び。

もう、同性同士であーだこーだとプロレス談義できる人が増えてくるなんて、超絶嬉しいです。


しかし、殿方からすれば案外プロレス女子って扱いに困る存在のようです。
私が感じた殿方へのプロレス好きの開示方法とその弊害をまとめてみました。

プロレス女子の今と昔


私はプロレスファン歴15年となってしまいました。いまでこそ試合構成などを味わいながら、プロレスを見たりするようになりましたが、当時は今の新日プロレス女子と同じく「闘龍門プロレス女子」でした。お目当ては当然、イケメン選手。

プロレスが好きな女性といえば、古くは内館牧子先生(週プロで連載もされておられました)を皮切りに、テレビでもおそらく本気系は丸岡いずみさんですが、アジアンの馬場園さん、フリーアナの脊山麻理子さんもプロレス好きとおっしゃっています。さらには、直木賞受賞の西加奈子さんも大のプロレス好きとのこと。なんかプロレスがメジャーな趣味っぽい雰囲気にもなってます。


直木賞受賞の西さんも!イケメンレスラー揃いで「プロレス女子」が急増してる! – NAVER まとめ



なぜ今? プロレス好きの女性が急増している5つの理由:日経ウーマンオンライン【西森路代の「人気」研究所】



「プロレス女子」が急増、入門書や「女子会」 会場ではイケメンレスラーに熱烈声援 : J-CASTニュース



朝日新聞出版 最新刊行物:雑誌:AERA:AERA 2014年12月22日号




弊害1 相手がプロレスに親しみない場合、わりと本気で引かれる


「プロレス女子」って軽めなカンジですが、まったくプロレス見ない殿方からすると、まあドン引きされます。若くて可愛い女子が言えば「意外性」として受け入れられると思いますが、そうでもない場合「知らない」とバッサリ閑話休題されるか、「へえ・・」とお茶を濁してスルーされるかのどっちかです。

まあ、サッカーや野球のようなメジャースポーツではないので、反応に困るようです。しかも殿方が引くので、初対面でいきなり開示するなと言われるような「ダメな趣味」みたいな側面もあることをお忘れなく。私はまったくそうは思わなくても、大多数がそう思うらしいという見え方の話ですが。


弊害2 本気ファン層には「一緒にするんじゃねえ」と煙たがられる



1186199 680164775381496 9083746100884226621 nth
いわゆる本気ファン層からしたら、「女がミーハーな目線でプロレス見やがって!!」くらいに思うかもしれません。プロレスファンの男性に「私もプロレス好きなんですぅ」くらいに近寄ってご覧なさい。

若くて可愛ければ扱い違うかもですが、そうでもなければ「は? プロレスの何がわかってんの?」くらいに煙たがられるはず。私も過去のプロレス好きの集まりで、入りが闘龍門だと知ったら「ああー・・・」(なんか残念そう)と言われ、実は最初に見たのが「FMWのケンカデスマッチ」と言うと、「そういうの、早く言ってよ」急に態度が変わったのが面白かったです。

まあ、見ている側面もファンは硬派なんですね。いわゆる昔からプロレス大好きだという男性ファン、過去の愛読雑誌が週刊ゴングだったりする場合、やたらめったら「私も仲間です☆」くらいに近寄ると返り血浴びますのでご注意あれ。

女子の楽しみ方は、殿方の楽しみ方とはやっぱり違うのです。もともとプロレスは男子の聖域みたいなところもありますし、そういう匂いのするプロレス好きさんには、「ご教示いただく」ことがおすすめです。とっても詳しいので、プロレスの新しい魅力を発見する貴重なきっかけとなります。私も、こういった方にいろいろ情報をいただいて、プロレスの味わい方を学びました!当然「まだ好きになったばかりでよくわからないんです」という、初々しく、謙虚な態度が大切です。

まとめ:ファンの殿方には新入り態度を、そうでない殿方にはプロレス好きを開示しない


IMG 3069th
とにかく「プロレス好きなアタシ」は殿方からすると扱いにくい存在です。ついつい、男の世界にも理解ある男性みたいなアタシが魅力の一つにも見えてしまいますが、案外そうは受け取ってもらえません。力道山から始まり、猪木・馬場、ジャンボ鶴田・Uインター、全日、闘魂三銃士などなど。マット界には追い切れないほど、さまざまな歴史があるのです。

その歴史は一朝一夕にして味わえるものではない。

それを知っている殿方たちにはそれぞれのこだわり、見てきたこと、感じたことが蓄積されて今があります。というわけで、最近好きになった新入りが、そんな大先輩と同等に並ぶなんてことは「失礼極まりない」態度であることは覚えておいたほうが、変な空気にはならないと思います。


身も蓋もないまとめ


IMG 3091th

ま、めんどくさい場合は女子同士で楽しむのが最強なんですけどね!
やっぱりキャッキャとキラキラした目でプロレスを楽しめるのは、女同士でしょう。
そういう楽しみ方ができるのは女性ならでは。

いいじゃないですか。オカダカズチカや棚橋弘至や飯伏幸太がカッコイイとかわかりますよ。なんなら、名鑑見ながら他の団体のステキな選手もたくさんいますしね。

新日好きならAJスタイルズなど外国人選手の良さもわかってくると、一気にプロレス熱が高まりますよ。そんな女子、周りにいないけど、いたらずっと語り続けたいものです。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:ニュース