実録! 救いのない内容のおみくじを引いたらどうする? 

2

昨年、初詣で引いたおみくじで今年の行動指針を決めようとかいう記事を書きました。
今年も早速初詣に行ってきまして、引いたところ、小吉ながら、とんでもなく厳しい内容で読むことができないという切なさ。

神様は「怠けずもっともっともーーーっと努力しろ」と仰ってるのでしょうか。
おみくじで悪い結果が出た場合、みんなどうしてるの?ということを探してみました。

そういえばおみくじって当たるの? 昨年と今年のおみくじ結果で指針をきめてみた | カツイエ

救いがさなさすぎて写真撮り忘れる失態


毎回結果を写真に撮るのですが今回は、ほぼ救いがないので写真に収めませんでした。
家族(大吉とかなんか笑顔だった)にも「大丈夫だよ」と慰められるほどです。
何が書いてあったかですが

「願い事は難しい上に叶わない」
・・・願い事を変えたら叶うとか

縁談「失敗する」恋愛「難しい」相場「負ける」など凶・・・??くらいの救いのない内容。10年以上引いてるけど、こんなヒドイ内容初めてです。ある意味、すごいかもしれません。

ちなみに小吉は吉よりいいらしい


ちなみにこれが順番です。

大吉>中吉>小吉>吉>半吉>凶>大凶

ここまでボロカス書かれても、小吉だっていうのが謎。

悪いおみくじは神社に結びつけてくるといいらしいです。もちろん、結びつけて来ました。


3

神社を変えてもう一回引いてみた


よく考えたら毎回別の神社でおみくじ引いてるのに、間違えたことに気づきました。
というわけで、雪降る伊奈波神社でおみくじ引いてみました。

「次引くタイミングは1ヶ月後」といわれてますが、おみくじ売り場のおじさんの笑顔が温かいのでつい手が伸びました。

内容は吉ですが、やっぱり厳しいことには変りありません。
「努力したら叶う」とか、まあ、努力を促す事が多かったです。

これは「努力不足」を指摘されているのではないだろうか。

しょうがないから前向きに考える


おみくじは基本捉え方次第だそうです。
せっかくなので、2つの神社で「努力足りないゾ」と言われたので、あらためて考えてみました。

たしかに、ここまでどうやら運と周りの人が親切で助けてくれたので、なんかうまくやれた気がします。「運」と「援助」で乗り切ったとしか思えない。つまり、お願いごとする前に「自己評価高すぎ」問題に気づいてしまいました。

というわけで、今年は「事前に具体的な計画を立てる」「謙虚に努力する」という、とっても地道で当たり前の目標が立てられました。

「己の過大評価」というサムい事実を、雪降る極寒の神社で思い知った。
一層努力するので、引き続き今年もよろしくお願いします!


↓ 武藤ポーズのつもりが、ただのガッツポーズになった
1

この記事を書いた人

北村 美桂
北村 美桂
岐阜県出身。約10年のWEB編集・ライターを経て、2013年から独立。「名古屋歴史ナイト」という歴史イベントも主宰。詳しく知りたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:地方・Uターン