なぜか遠方からわざわざ来る人多数 ど田舎の山中にある古民家「ギャルリももぐさ」

Th IMG 7986
こんにちは。@machikomaki33 です。

先日「ここちよいくらし 夏編」という展示を見に、岐阜県多治見市の「ギャルリももぐさ」に行って来ました。

こちらはなんと築100年の古民家を改装したステキなギャラリー。

陶芸家の安藤雅信さん、奥様は”サロン”というスカートや防寒着など変幻自在の洋服を推奨する安藤明子さんのお二人がオーナー。

とにかくいちいちステキで、ど田舎なのに遠い所では東京からわざわざ人が訪れるような場所です。

ギャルリももぐさ

岐阜県多治見市東栄町2-8-16

TEL.0572-21-3368

営業時間◇11:00〜18:00

駐車場◇あり。広いです


大きな地図で見る

庭から素敵すぎて大変


庭の大きな看板を入って行くと
Th IMG 7981
どーんと庭。
Th IMG 7982
緑が美しすぎるお庭は気持ちがいいです。
Th IMG 7989
家と庭。
Th IMG 7983
猫もいました
Th IMG 8051
寝転がったり自由な猫。
Th IMG 8052
築100年の古民家の玄関。味があります。
Th IMG 7987
中はステキなギャラリー。
Th IMG 7993

カフェでランチ


この時は「ここちよいくらしランチ」(1000円)が提供されてました。

カフェはお庭が一望出来ます。
Th IMG 7999
キッチンは「天然生活」っぽいものが好きだったら泣きそうな「てしごと道具」が。蒸し器のレトロ感がたまりません。
Th IMG 7996
なぜかリアルな犬のヘッド
Th IMG 8001
これ、ダイニングテーブルの横についてる不思議な家具
Th IMG 8003
で、ランチ。ハムと野菜のサンド、自家製ピクルス、小松菜のジュース。小松菜のジュースは畑から採集してきたばかりのものを使っているとか。
Th IMG 8010
東京の天然酵母のパンで有名なルヴァンのパンを使用しているサンドイッチ。モッチモチでめちゃくちゃ美味しい!一回蒸し器で蒸し直しているのか、モチモチ度がすごかったです。
Th IMG 8011
自家製ピクルスも酸味がちょうどよくておいしい。
Th IMG 8012

展示をみてみる


ここちよいくらし展。クーラーなんて要らない涼し気なものがたくさん。こんなところで昼寝してみたい。
Th IMG 8023
涼しげな服
Th IMG 8024
こっちのお庭もステキ。
Th IMG 8030
2階は梁も見えます。立派。
Th IMG 8039
こちらは陶器などを中心としたショップ。ステキです。
Th IMG 8034
ギャルリももぐさ

岐阜県多治見市東栄町2-8-16

TEL.0572-21-3368

営業時間◇11:00〜18:00

駐車場◇あり。広いです


大きな地図で見る


おまけ 公共交通機関のドタバタ


今回は山の中なのにもかかわらず公共交通機関でいってみました。

タクシーを多治見駅から利用するのがスジですがバスも乗ってみたくて帰りは乗ってみました。
Th IMG 8059
山を歩くこと15分。「高田口」というバス停。こちらは1時間半に1本くらいしかないので注意。
Th IMG 8066
バス停探すのに相当時間かかりましたが、ちゃんときました。
Th IMG 8070
人のいないバスもなんかほっこり。
Th IMG 8071
特に夏に涼をとりに行ってみるのもオススメです。
一人で来る人も多いみたいで、みんなほっこりゆったり思い思いの時間を過ごしてました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:東海グルメ