読書好き必見!好きな本を紹介して交換する会「ブックエクスチェンジ」に行ってきた

こんにちは。@machikomaki33 です。

先日、名古屋で行われた自分が好きな本を1冊持って、その本の魅力を参加者と話し合い、最後に読んでみたいと思った本と交換する会「ブックエクスチェンジ」に参加しました。

普段は読まない本をたくさん知る機会になり、すごく読書幅が広がって楽しかったです。
本という共通項があると参加者との話も盛り上がります。

持ってきた本についてお話するというシンプルさ


受付をすませて適当に雑談。場所がおしゃれなのでただしゃべってる写真もオシャレに見えますね。

Th 3 large

参加者は13名。

開始後、名前と持ってきた本のタイトルだけを発表し合います。
今回はこんな感じの本が集まりました。エッセイから小説、ビジネス本まで幅広いです。
クリエイターさんが多かったのでエッセイとかライフスタイル系が今回は多めですね。
2
その後はこんな感じで、何でその本を持ってきたのか、お互いの本をおすすめしあって雑談します。
だいたい35分くらいでした。
1
いろんな本をご紹介いただきましたが、食にまつわるエッセイっていいなあと思いました。
「世界ぐるっと肉食紀行」とか「帰ってからお腹がすいてもいいようにと思ったのだ」とか。



小説も一切よまないので、人が塩になるというよくわからない世界の有村浩さんの小説「塩の街」とか面白そうだなあと思いました。


名古屋をもっと楽しむためにこの本も気になりました。


で、交換。私が選んだのはまさかのあの本



ひとしきりお話したあとは欲しいと思った本に自分の名札を貼ります。
4
複数いた場合はジャンケンです。
おそらく人気無いだろうと思った私の「イノベーション・オブ・ライフ」はなんと3名の方に希望をいただいちゃいました。

なんか嬉しい!「仕事観が変わる」「悩んだときにいい」「旅行に持っててスゴイ良かった」とか本の中身よりもざっくりどういう気分になるかをひたすら言いまくっただけなのに。


こんな感じで持ってきた人から、欲しい人に手渡されます。
3

私が頂いたのはニューヨーク・ヤンキースのピッチャーだった黒田博樹さんの「決めて断つ」

黒田さんの一つ一つの決断とその背後にある覚悟を背負うという哲学がカッコイイなあと思ったから。
「1勝で得た自信は1敗で消える」など、揺るがぬ自信を持つには努力を積み重ねることでしかないという謙虚さも気になって選びました。

ご本人が気になる部分に赤線が引いてあって、その部分を見るとその方の人柄が読み取れてそれもおもしろかったです。

そんなほんわかした会でしたが、世の中、知らない本がまだまだあるんだなと思いました。
おかげで読書がもっと楽しくなりそうです。
本はすごく人柄が出ますね。次回もあったらぜひ参加したいです。

<余談>会場はすごくステキなカフェだった


雑誌や広告に携わるスタイリストやデザイナーで構成されるMAISONETTEinc.がトータルプロデュースした心地よい空間というカフェ「re:Li」。栄養士さんがメニューを考えてるとかで、おいしくて身体にもいいご飯が食べれるそうです。

今回はカフェラテをいただきましたが、スチームミルクの泡のきめ細かさがすごかった。
美味しすぎて参加者の方は一気飲みに近いくらいで飲み干したそうです。

1 large
今回はイベント用にレイアウト変更されてますが、家具もすてき。


3階には雑貨屋さんがオープンしたばかりで、デザイン性の高い植物からカフェで使用しているお値打ちな和食器、作家さんの作品などなどが並んでいて見てるだけでも楽しいです。

IMG 7903


「re:Li」
名古屋市中区栄1丁目25-5
仲ノ町公園南ビル1.2f

大きな地図で見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:体当たり