偏愛歴女シリーズ 「大奥」

350px Ooku utaawase
こんにちは。@machikomaki33 です。


いきなりですがかなり偏愛志向の歴女です。司馬遼太郎や池波正太郎を読破できないものの、戦国、幕末あたりが好きな結構ミーハー歴女にオススメの歴史についてご紹介していこうと思います。


今回は1000人もの女性が住んでいたという江戸城の「大奥」です。


大奥は昨年は堺雅人さん主演で映画化(ついでに菅野美穂との結婚でも話題)、ドラマ化されたりとさまざまな作品として扱われているので馴染みのあるテーマだと思います。個人的には大奥をテーマにした作品が好きで好きでたまりません。


中でも2003年に放送されたフジテレビの「大奥」が女性目線を中心に悲喜こもごも女人生の集大成を描いているので、女性の自己実現というストーリーを楽しむならオススメです。


念のため大奥って何?


大奥とは
江戸城に存在した将軍家の子女や正室、奥女中(御殿女中)たちの居所。(Wikipedia)


ざっくりいうと将軍の奥さん、側室が住む場所でその環境全般を支える女性だけの場所ということです。


中でも20種類以上の職種があって、階級によって待遇がまったく違う超格差社会です。
それでも江戸時代、大奥に務めることはステイタスであり、さまざまな身分の女性たちが大奥に入ったそうですよ。



オススメのドラマなど


■フジテレビ「大奥」第1章

これが好きすぎて大奥ファンになったようなもの。「負け犬からの脱却」とかサブタイトルからゾクゾクします。女人生をいろいろ味わうならこの作品は最高です。泣けます!

■よしながふみ『大奥』

菅野美穂さんが主演した映画でお馴染みの、女性と男性が逆転した大奥シリーズ。マンガ版のほうが個人的には好きです。


大奥みどころ 女の出世


女性の自己なんてものは尊重されないのが世の常ですよね。戦後にようやく選挙権が与えられたくらいですから。何百年も前に女の人が自己を持って働くことができたこの世界はとにかくスゴイと思います。

中でも最高の位に上り詰めた「大奥取締」(実際にはなかったらしい職種だそうですが)を張ってたドンをご紹介します。

春日局

2061 1
フジテレビの「大奥」が出典ですが、この人の人生はあらゆる困難にガチで勝ってきたところがスゴイんです。女だから、とか世間が悪いとかそんなものが甘いもんじゃないです。

・謀反者の武将の娘に生まれる

・ヨメに行った先で三行半を受ける

・3大将軍の姥になる

・大奥を仕切る


ここまで振り幅の激しい人生を送れるのがすごいですよね。
「将軍様のためなら鬼にも蛇にもなる」と言い切る女の覚悟がもうカッコいいんです。
北条政子につぐ女性政治家ですから残したキャリアも歴史上トップクラス。

■瀧山

13代将軍家定、14大将軍家茂、15大将軍慶喜の時代に大奥で活躍。14歳で大奥入りし、御年寄(大奥のトップ)に。実力が認められて出世した人です。そんなに史実がありませんが、自分よりずっとエライ女性に対して面と向かって苦言を呈することが出来る「筋の通った女性」だったようです。ドラマでは家定を想っていたけど、嫁いだ正妻の篤姫に対してバチバチに争った嫉妬劇が描かれていました。


十人十色の女人生[江島事件]


大奥の見どころは女人生がさまざまなところ。仕事で成果を上げる人もいれば、恋におぼれて流罪になる人もいて。イヤイヤ連れて来られて気が触れてしまう人や、理不尽な御役目を使わされて(御内証の方とか)婚約者との縁談を破棄されて自害する人や、女性が女性に恋してしまったりも。女子校みたいにキャピキャピやっていける人ももちろんいます。

でも、やっぱり有名かつ史実としても珍しいのは江島事件じゃないでしょうか。

江戸時代中期に江戸城大奥御年寄の江島(絵島)が歌舞伎役者の生島新五郎らを相手に遊興に及んだことが引き金となり、関係者多数が処罰された綱紀粛正事件。


仕事でメッチャキャリアがあった人が、歌舞伎役者と恋落ちて密会していたのがバレて役者の方は死刑、江島は流罪、江島のお兄さんは斬首と厳罰に処されてしまったわけです。

76524

江島が幽閉されたところ


この事件をモチーフにした小説やドラマはたくさんあります。個人のスキャンダルが歴史を動かしちゃうのがスゴイですよね。そこまで人生がメッチャクチャになるような恋愛をしてみたい・・・気もしますが、やっぱり小心者なので小説などでその世界を楽しむだけにしておきたいです。

おすすめ作品はこれ。仲間由紀恵さん主演で美しい江島が楽しめます。

いかがでしたか。女が1000人も集まって約300年くらい続いた大奥。そりゃーいろいろあるでしょ!というゴシップ感も楽しいし、なにより女性が自己実現できた弱肉強食の世界を堪能できます。

この記事を書いた人

北村 美桂
北村 美桂
岐阜県出身。約10年のWEB編集・ライターを経て、2013年から独立。「名古屋歴史ナイト」という歴史イベントも主宰。詳しく知りたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:大河ドラマ・ドラマ 戦国ネタ