「清須会議」の感想で一番言いたかった柴田勝家のこと。



こんにちは。@machikomaki33 です。

いきなりですが戦国武将の柴田勝家が大好きです。天下取りでもなく、軍師でもなく、義理人情に熱く人に優しかった男らしさがたまらなく好きです。

理由は別にないんです。ただただこの人ブレないバカだから好き。それだけなんです。

でもですよ。私が「勝家が好き」といえばそこそこ歴史に詳しい人からは一切賛同を得られません。

「また地味な武将を・・・」

「アイツ、力しかなくて頭悪い能なし武将ですよね」

「そもそも何した人だっけ?」


ヒドイものです。みんな勝家のことをわからなさすぎです。

勝家は何をした人かというと
織田信長の筆頭家老です。織田政権のかなりお偉いさんというわけです。武将としての手柄は加賀の一向一揆の制圧や、姉川の戦いなどで功績をあげてます。彼の出世は戦での実力となみなみならぬ信長への忠誠心です。

大変勇敢で武骨の性格で、その秀でた武勇から「鬼柴田」と呼ばれたそうです。
ルイス・フロイスは勝家のことを「織田の家臣で最も勇敢な武将」と称していることから、相当な腕前だったと推測出来ますね。

こんな硬派で義理人情にアツイ人、どこの世界にも居ない

彼のいいところはバカなところです。天下をとったり勝ちにこだわるには冷酷かつ狡猾で計画を緻密に立てる必要があります。彼はそんなの一個もありません。

だけど人に優しく、度量がとても大きな人でした。

度量の大きさを見せるエピソードとして、右腕の前田利家の裏切りに背中を押す行為があります。彼は自らの滅亡となる「賤ヶ岳の戦い」で前田利家が裏切りを果たすときに、今まで自分に仕えてくれたことに感謝し、「間違いを犯すな」と言って彼の将来に背中を押すんですよ。そして自分は城を攻められ自害することになる。

自分が死ぬことをわかっていても部下を思いやる心が素敵すぎてたまりません。
部下に殺されるのを許すなんて、どんだけいい人なの!!! 

三谷幸喜監督の今年秋公開の映画「清須会議」ではそんな彼の無骨で計算がまったくできない性格だけど、どこか感覚で人の気持ちを悟り、それを責めない優しさを味わえます。とくに最終シーン。私はそこでボロ泣きしました。

最終的に敗北する「賤ヶ岳の戦い」の前哨戦であるこの清州会議。下っ端の秀吉の戦略にハマって完全に負けてしまうわけです。当然、「アイツ、殺す」くらいな心境になりますよね。その後秀吉が演技をします。田んぼの真中で泥だらけの格好をして、馬上の勝家に土下座して会議で顔を潰した非礼を詫びるんです。

泥だらけで土下座することで、勝家を尊敬しているアピールをして、油断させて本気で滅ぼしてやろうという計算が有りました。本当に油断したのかなというのはわかりません。でも私は勝家はそんな計算はお見通しだったんだと思います。

勝家は秀吉が部下だった頃の一生懸命さ、ひたむきさ、同じ釜の飯を食った家臣同士の仲間だったころを思い出して憎めなかったんじゃないかなと思います。今、自分の首を狙おうとしているのに。

それを想像すると切なすぎてたまりません。

こういう人はきっと今の世の中でもたいして出世もしないかもしれません。優しさや情けは結果として評価対象には成り得ないものだから。でも、本人は評価されることでも自分が天下をとることに興味がなかった。ただただ織田家を守りたいだけ。そして自分の美学を貫いたんだと思います。

この記事を書いた人

北村 美桂
北村 美桂
岐阜県出身。約10年のWEB編集・ライターを経て、2013年から独立。「名古屋歴史ナイト」という歴史イベントも主宰。詳しく知りたい方はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:戦国ネタ