お待たせいたしました!第12回名古屋歴史ナイト「地元の歴史を語らナイト -東西の地元愛合戦-」募集開始

img_1838_r
今年の開催は終わりましたが、来年1月の歴史ナイトは「地元の歴史を語らナイト -東西の地元愛合戦-」の募集を開始いたしました!

本来だと12月に開催予定ですが、面白そうだから新年開始に変えてみました。
その名の通り、ライトニングトークメインのイベントです。

歴史ナイトは参加者のライトニングトークが、大きな魅力。
内容を見ると、みなさん「地元愛」をベースとした歴史のときが、一番熱が入っているように思います。

そんなライトニングトーク登壇者を東西に分け、参加者が票を入れて勝敗をつける内容です。
ライトニング登壇者も募集中です!

—————
■内容

日時*2017年1月21日(土)
18:30~21:00まで(開場18:00)

参加費 4000円
(お食事(おしゃれサラダ、サンドイッチ、パスタ2種等を予定)、プチデザート、ワンドリンク付き)
以降、キャッシュオンでお飲み物をお買い求めいただけます。

場所* S-5104 (えすごーいちぜろよん)
愛知県名古屋市中区栄5-10-4

▼チケット購入はこちら(今回はAny payというシステムを利用しています。)
こちらです!

▼登壇希望の方はこちらから、出身地とお名前を書いてご連絡ください。6名募集であと1-2枠です。

—————

続きを読む

千田嘉博先生プレミアムツアー第2弾が開催!織田信雄の切れ者ぶりを味わうツアー

1
昨年、プレミアムすぎて泣けるという声が多かった、千田嘉博先生プレミアムツアーが今年も12月11日、12日の2日間に渡って開催されます!

場所は1日目は犬山城、2日目は三重県に足を伸ばし、田丸城、松坂城という珍しいお城を探索します。
今年は読売新聞地域版の連載「探訪 東海百城」という、スペシャルな連載をされているので、その中から厳選したお城がこの3つなのです。
連載を読むと、特に田丸城、松坂城は「織田信雄の切れ者ぶり」を味わえるお城のようです。

このツアーのスゴイところは、先生の熱血講義を聞きながら、一緒にフィールドワークできること。
先生とお城を巡れるなんて、趣味どき!の「お城へ行こう」の松村邦洋さんみたいな気分になれそう。

昨年はそのプレミアぶりに惹かれて、全国の千田先生とお城を愛してやまないファンの皆さんが集結。
満員御礼となりました。

本当にすぐ売れるので、申し込みはお早めに!

1日目詳細と申し込み
2日目詳細と申し込み

電話でのお申込み→ 読売旅行名古屋営業所 052-855-434

どんな感じかは昨年のレポート1日目(織田信長の石垣を味わう小牧山城)2日目(武田信玄の城づくりを味わう古宮城)を御覧ください。

続きを読む

ただ石を積むだけじゃない。地味だけど奥が深い「石垣積み体験」

dsc_0228_r
先日の可児市の山城へ行こう!のイベントの中に、ひっそりと「石垣積み体験」なるものがありました。
石垣積みなんて、ちょっとした武士気分が味わえます。
やっぱり築城と戦場をこなしてこその武士ですよね(多分)。

なかなか味わえないイベントなので参加してみました。

続きを読む

「チャンバラ合戦・可児の乱」、争いが苦手なので指示出しで遊んでみた!

img_20161009_143234_r
可児市の山城へ行こう!で、100名限定のお城見学ツアーに参加したあとは、花フェスタ記念公園で「チャンバラ合戦・戦 可児の乱」に参加しました。

かるーい気持ちで参加しましたが、結構本格的で楽しかったです。
ちびっこ達が9割のなかなか参加しにくい感じでしたが、子供の親のようなテイでもぐりこみました。

ちびっこ武士とたくさん交流できて楽しかったです!

続きを読む

地元民のおもてなしがアツくてユルくて最高!可児市の「久々利城攻めツアー」

dsc_0163_r
10月8日、9日と2日間に渡って開催された可児市「山城へ行こう!-東美濃の山城大集合-」に参加してきました。
ミッションが4つで、1つ目は偵察でお城ツアー、2つ目は宴で飲み会、3つ目は城攻め、4つ目は評定という構成。
私は3つ目の城攻めに参戦しました。

城攻めとは、久々利城に春風亭昇太師匠と、中井均先生、加藤理文先生3名の城好きオヤジたちと山城を見学できるツアー。
100名の定員ですが、なんと2倍以上の申し込みがあったそうです。

そんなスゴイ人気のツアーは、行ってよかったと思えるような内容でした。
お三方の話を間近で聞けるのもスペシャルですが、地元のおもてなしが炸裂してそこが超ツボでした!

続きを読む

カツイエ.comのデザインと名刺をリニューアルいたしました!

top
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、カツイエ.comはデザインリニューアルいたしました!
今まではデザインど素人の私が、サイズが変なヘッダー画像とロゴマークを作成して運用してましたが、そろそろ整えたいなと思って実行しました。

デザインはクラッソーネさんのWEBメディア「くらそうね」でご一緒している山田さんにお願いしました。

デザインリニューアルしたのに更新が遅れておりますが、近日中に怒涛のような更新を心がけていきたいと思います。

続きを読む

惑わすな~!池田恒興、元助、森長可を祀る常照寺「三将之墓」か「三大将墓」かわからない

dsc_0151_r
小牧・長久手の戦いの超・激戦区である長久手市は、約2500余名もの死者を出した戦い。
そこでは戦上手で知られた猛将たちも、命を落としました。

特に長久手合戦で討死した武将で有名なのは、池田恒興、その子供・池田元助、森長可。
森長可は「鬼武蔵」の名で知られた、槍の名手です。

実はこの3名は、長久手町郷土資料館の脇に、「勝入塚」「庄九朗塚」「武蔵塚」として戦死地には立派なお墓があります。
しかし、その塚とは別に、3名の武将をまとめて祀っているお墓が常照寺というお寺にあるというので、行ってみました。

そのお墓の名前ですが「三将之墓」か「三大将墓」か2パターンあって、惑わしてくるんです!
どちらが本当なのでしょうか。

続きを読む

1打10円の鐘つき体験で活力を!祝日しか空いていない守山区の龍泉寺

p8270270_r
小牧・長久手の戦いで豊臣軍の池田恒興たちが犬山から目指した龍泉寺城(模擬)がある龍泉寺へ行ってみました。
営業時間を調べずにぷらっと訪問したら、「祝日9時から15時のみ営業」。

1週間のうち、6時間しか空いていない幻の城ですね。
しかしネコの数が多かったり、いろいろ楽しめて1時間位滞在しておりました。
狙わないとお城にはほとんど入れないので、入れない時のオススメの遊び方をご紹介します。

続きを読む